powersupport_sillicon_jacket_set_iphone5_0.jpg

パワーサポート社から発売された『シリコーンジャケットセット for iPhone 5
』を購入、試してみました。

同社からは、iPhone 5向けにシリコン製とポリカーボネート製の2つのケースがラインナップされています。

今回は先行して発売された前者のレビューをお届けします。主な特徴は次のとおり。

  • シリコンを薄く・軽く成型
  • 背面・側面をフルカバー
  • ゴミ・汚れ・指紋が付きにくい特殊加工
  • 光沢・非光沢の2種類の保護フィルムが付属
  • 日本製

powersupport_sillicon_jacket_set_iphone5_1.jpg

カラーバリエーションは、写真の『マットブラック』の他に、『クリアブラック』『ナチュラル』があります。

パッケージには、ケース本体とクリーニング・クロスに、光沢・非光沢の2種類の液晶保護フィルムが各1枚、合計で2枚付属しています。

フィルム単体で販売されているのと同じなので、詳細は次のレビュー記事をご参照ください。

powersupport_sillicon_jacket_set_iphone5_2.jpg

シリコンと聞くと厚ぼったいイメージがしますが、このケースは薄く軽く成型されているのが特徴です。

一般的なTPUケースよりも薄く、重さは約13g(実測)ほどしかありません。

また、パワーサポートならではの精度の高い造りで、柔らかい素材にも関わらずピッタリとフィットし、iPhone 5と一体化します。

iPhoneの背面と側面をほぼフルにカバーし、ハードケースでは露出していることが多い本体上部もきちんと覆われています。

powersupport_sillicon_jacket_set_iphone5_3.jpg

本体下の部分。

イヤフォン・Lightningコネクタ・マイク・スピーカーへのアクセスに問題はありません。

一般的にソフトな素材のケースでは、コネクタの両脇にブリッジがないと形崩れしてしまうのですが、このケースは後述するデザインのお陰で、その心配がありません。

powersupport_sillicon_jacket_set_iphone5_4.jpg

ケースのエッジが液晶面よりも若干せり出しているため、ガラス面を下して置いても机などに触れることがありません。

また、薄いながらもある程度は衝撃を吸収していくれるので、落とした際にもダメージを軽減してくれる可能性はありそうです。

powersupport_sillicon_jacket_set_iphone5_5.jpg

カメラの周辺は撮影に影響の無い範囲で小さめに切り取られており、アルミとガラスの境界線が見えるか見えないかギリギリのところ。

写真では確認しずらいかもしれませんが、本体の側面にモールドライン(金型の跡)らしき細い線があります。

powersupport_sillicon_jacket_set_iphone5_6.jpg

横からみたところ。

ハードケース並の薄さで、iPhone 5の魅力を台無しにしないデザインです。

ボタン類は覆われていますが操作性に問題はありません。

powersupport_sillicon_jacket_set_iphone5_7.jpg

ホームボタンだけでなく、その周囲も帯状にカバーという特徴的なデザインが採用されています。

これにより強度が保たれ、コネクタ周辺が形崩れするのを防いでいるようです。

また、ホームボタンは凹みに合わせて成型してあり、目視しなくても指で探すことができます。

シリコンの層がある分ボタンの押し心地がソフトになるため、裸の状態よりも若干強めに押す必要があります。

powersupport_sillicon_jacket_set_iphone5_8.jpg

今回試した「マットブラック」は、写真でみるよりも真っ黒に近く、iPhone 5のブラック&スレートとの相性がよいと感じました。

また、サラサラとした特殊な表面加工により、指紋が全く付かず、ホコリ・糸くずなどもほとんど付着しません。

powersupport_sillicon_jacket_set_iphone5_9.jpg

価格は2,680円(税込)。良質なフィルムが2