powersupport_airjacket_set_iphone5_0.jpg

パワーサポートから発売されたiPhone 5専用のハードケース『エアージャケットセット for iPhone 5
』を購入、試してみました。

発売前のリーク情報をもとに製造するケースメーカーが多いなか、実機での採寸に拘るパワーサポートから待望のハードケースが発売されたので購入してみました。

特徴をまとめると、次のようになります。

  • iPhone 5の上下を含む側面の全てを保護
  • 映り込みを防止するフラッシュガード
  • キズが付きにくいUVコーティング
  • 光沢・艶消しの2種類のフィルムを付属
  • 細部まで丁寧に加工された精度の高い造り
  • 日本製

付属品は、光沢・艶消しの液晶保護フィルムが各1枚、クリーナークロス、フラッシュガードx2、が含まれます。

保護フィルムはよくある低品質のオマケではなく、単品で販売されている人気の高い製品です。それぞれのレビューはこちらからどうぞ。

powersupport_airjacket_set_iphone5_1.jpg

フラッシュの映り込み防ぐ「フラッシュガード」は着脱式で、パンダのような見た目がどうも、というひとは外しておくこともできます。

失くしてしまいそうな小さなパーツですが、予備が付いているので安心です。

powersupport_airjacket_set_iphone5_2.jpg

シリコンやTPUとは異なり、伸び縮みをしないハードケースでは、背面および両サイドのみ保護して上下は露出したまま、というのが常識とされてきました。

しかしながらこのケースは、ポリカーボネート製のハードケースにも関わらず、iPhone 5の側面すべてを覆うことに成功しています。

powersupport_airjacket_set_iphone5_4.jpg

その秘密は、イヤフォン・ジャックの上にある小さな切込みにあります。

この切込みがあるお陰で、フロントパネルをぐるりと囲むケースのエッジを僅かに広げることができ、ケースの着脱を可能にしてくれています。

実際に使ってみるまでこの切込みの意味が分かりませんでしたが、ちゃんとした理由があったようです。

powersupport_airjacket_set_iphone5_3.jpg

iPhoneを保護するという命題に極限までチャレンジし、ボタンの周辺も他に類をみないほどにギリギリに作られています。

また、それによって操作性の低下、手触りの悪化を避けるため、ボタンの周囲が滑らかに加工されています。

powersupport_airjacket_set_iphone5_5.jpg

こちらはポリカーボネートにラバーのコーティングを施したバージョン。

サラサラとした手触りながらグリップ感もあり、ツルツルとしたケースだと落としそう、という方も安心です。

また、ブラック&スレートとの一体感があるデザインで、できる限りシンプルなものを求めるユーザーにもお薦めです。

powersupport_airjacket_set_iphone5_6.jpg

先程とは別の角度からみたボタンの周辺。

3つをまとめて一つの穴で済ませているケースとは違い、丁寧にデザインされています。

powersupport_airjacket_set_iphone5_7.jpg

Lightningコネクタの周辺は少し大きめに薄い部分が設けられていますが、「Lightning – 30ピンアダプタ」は利用できませんでした。

アダプタを使う場合は、ケーブル付きの「Lightning – 30ピンアダプタ (0.2 m) 」の方を用意する必要があります。

powersupport_airjacket_set_iphone5_8.jpg

iPhone 5、とくにブラック&スレートモデルはキズが目立ちやすいこともあり、これまでのどのiPhoneよりも、保護ケースが必須アイテムとなりつつあります。

これまでは、

  • 薄くて・軽いが、上下が露出したハードケース
  • 完全に保護できるが、厚ぼったくて重いソフトケース

のどちらかを選ぶというジレンマがありましたが、それが解消されたことになります。

powersupport_airjacket_set_iphone5_0.jpg

価格は2,680円(税込)で、高品質なフィルムが2枚あること、日本製であることを考えれば、決して高い買い物ではないかもしれません。

いろいろなケースを試しみるのもiPhoneユーザーの楽しみの一つですが、最終的にはこの製品のようなシンプルでクオリティの高いもの落ち着くのではないでしょうか。