new_new_ipad_backpanel_leak_0.jpg

10月23日の発表が予想されている改良版「新しいiPad」のバックパネルとされるパーツの写真が掲載されています。[source: 9to5mac ] 

問題の写真は、台湾のサイト「Apple.pro」で数々の信頼できるリークを提供してきた人物がFacebook上で公開したもので、iPadのバックパネル2枚とフレックスケーブルが写っています。

元記事よると、一番下にあるのが現行モデルの新しいiPad、その上が新しい「新しいiPad」、そしてLightningコネクタが付いたフレックスケーブルとされています。

new_new_ipad_backpanel_leak_1.jpg

変更点については、プロセッサー・液晶・LTEのグローバル化などが噂されているものの、現在のところLightningコネクタへの変更以外は、証拠となるものが報告されていません。

新しいiPadをLightningコネクタに変更することで、iOSデバイス主力ラインナップ(iPhone 5, 第5世代iPod touch, iPad mini)の全てのコネクタを統一でき、またユーザーおよびアクセサリーメーカーに対して、速やかな移行を促進するのが狙いとみられます。

改良版「新しいiPad」は、アップルが10月23日(日本時間翌24日)に開催するイベントで「iPad mini (仮称)」と共に発表されると予想されています。