kindle_store_opens_0.jpg

アマゾンが本日「Kindleストア」をオープンし、電子書籍の販売を開始しています。

「kindleストア」では、新潮社、幻冬舎、講談社、文藝春秋、角川、集英社、小学館などが書籍コンテンツを提供し、5万タイトル以上をラインナップするとされています。

アマゾンのサイトには専用のページが用意され、Kindleストアのトップセラー、先行発売タイトルといったセクションも既に設けられています。

kindle_store_opens_1.jpg

また、アマゾンのこれまでの書籍ページページにも、「製本版」「Kinde版」が併記されるようになり、割安なKindle版の魅力が引き立つよう工夫されています。

購入した電子書籍を読むには、昨日発表されたアマゾンのKindleリーダー・タブレット端末は必須ではなく、無料で公開されているiOS向け(またはAndroid向け)のアプリを利用できます。

Kindle App Store
ブック:19.2 MB
価格:無料
対応:iPhone・iPod touch・iPad (ユニバーサル)
開発:AMZN Mobile LLC

海外ではMac/PC向けリーダーも公開されていますが、いまのところ国内ではスマートフォンおよびタブレットに限定されるようです。

購入履歴はアマゾンのアカウントに紐付けされ再ダウンロードが可能。複数のデバイス間で、続きを読むことができる便利な機能もあります。

スタートに大手出版社が参加したことで、「Kindleストア」が電子書籍販売の事実上のスタンダードになることが充分予想でき、これが日本の出版業界にとって大きな転機となることは間違いなさそうです。

【リンク】アマゾン – Kindleストア