joy_factory_airmax_for_iphone5_0.jpg

The Joy Factory (ジョイファクトリー)のiPhone 5用ケース『The Joy Factory Airmax for iPhone 5
』を購入、試してみました。

このケースの最大の特徴は、「エアクッション」を背面に装備している点。

耐衝撃性を高めると同時に、グリップの向上とデザインのアクセントにもなっています。

joy_factory_airmax_for_iphone5_1.jpg

ケース本体、液晶保護シートに加え、付属品としては珍しい防水ケースが付属しています。

joy_factory_airmax_for_iphone5_2.jpg

某社のシューズが連想されるようなエアクッションは、独立したダイヤモンド状の気泡で構成。

クッション上側の素材は透明で、下地の迷彩柄が透けて見えるようにデザインされています。

joy_factory_airmax_for_iphone5_3.jpg

ヨコからみたところ。

側面はシリコン製ながら、やや硬めで形崩れの心配はなさそうです。

エアクッションを除いた厚みは約11.2ミリ。重さは18グラムと、この種のケースにしては軽量です。

joy_factory_airmax_for_iphone5_4.jpg

本体下の部分。

Lightningコネクタ、イヤフォンジャックへのアクセスに問題はありません。

joy_factory_airmax_for_iphone5_5.jpg

カメラホールの周囲も充分にクリアランスがあり、フラッシュを使った撮影でも映り込みはみられませんでした。

joy_factory_airmax_for_iphone5_6.jpg

側面が画面よりも若干せり出しているため、下に向けて置いてもガラス面が机に触れること心配がありません。

joy_factory_airmax_for_iphone5_8.jpg

エアクッション次いで特徴的なのは防水ケースが付属しているということ。

ペラペラの素材ながら、2重のファスナー構造で雨や水しぶき程度なら浸水を防げそうです。

耐久性は期待できないものの、年に何度かしか使わないのであれば、これで充分かもしれません。

joy_factory_airmax_for_iphone5_7.jpg

カラーバリエーションは今回購入した「グリーン」の他に「ブルー」と「ブラウン」があり、柄はいずれも迷彩。

価格は2,980円(税込)となっています。

エアクッションが離れたところからでも目を引くので、ちょっと変わったケースが欲しいという方にお薦めします。