ipad_mini_event_predictions_0.jpg

アップルが日本時間の10月23日26時(24日午前2時)から開催するイベントで、「iPad mini (仮称)」が発表されることが確実とみられています。

そこで、これまでに流出した証拠や情報から信憑性の高いものを選び、発表の内容や発売日などを予想してみました。

【注】以下の情報はインターネット上で公開されている情報をまとめたもので、当サイトがその正確性を保証するものではありません。

ipad_mini_event_predictions_1.jpg

発表がほぼ確実とみられるもの

iPad mini

ipad_mini_black_rendering_4.jpg

イベントの主役ともいうべき、長年に渡って噂されてきた小型版のiPadです。スペックは、

  • 7.85インチの液晶
  • 解像度:1,024 x 768 (non-Retina)
  • Apple A5ファミリー
  • Lightningコネクター
  • LTE対応
  • バッテリー容量:3.72V 16.7Whr 4490 mAh
  • 左右のベゼルが細いデザイン
  • サイズ(モック):200.4 x 134.5 x 7.4 (ミリ)
  • ホワイトとブラック&スレートの2色

といったものが濃厚と考えられます。

新しい「新しいiPad」

new_new_ipad_backpanel_leak_0.jpg

iPad miniと同時に、現行モデルの「新しいiPad」に改良を加えたものが発表されるとみられています。

変更点はLightningコネクタ採用がほぼ確実で価格は据え置きとなる模様。

iTunes 11, iBooks 3.0

ipad_mini_event_predictions_2.jpg

iTunesのメジャーアップデートはアップルが10月のリリースを約束しているので、このタイミングで発表される可能性が高いとみられます。

また、イベントは競合のひとつであるアマゾンのKindleを意識した内容となり、iBooks 3.0の発表も行われるという説が理にかなっているとい考えられます。

発表される可能性があるもの

証拠となるパーツのリークがなかったり、また複数のソースから裏付けがない情報は、鵜呑みにはできないものの、可能性が無い訳ではありません

iPad mini

iphone5_logicboard_a6_rumor_0.jpg

Apple A6搭載。A6のプロセッサーパワーと省電力はiPhone 5で実証されており、iPad miniに搭載する可能性もゼロではないと思われます。

Retinaディスプレイ。バッテリーのサイズから新しいiPadと同じ「Apple A5X」の搭載には無理があるものの、A6(またはそのバリエーション)のクロックを上げることで4倍のピクセルに対応することも考えられます。

カラーバリエーション。噂レベルではありますが、形状の似ている第5世代iPod touchがカラー化していることから、白黒から脱する可能性もありそうです。

ipad_mini_au_rumor_0.jpg

auによる販売。これまでiPadのCellular版はソフトバンクによる独占が続いてきましたが、これが崩れる可能性も噂されています。

新しい「新しいiPad」

グローバルLTE化。現在国内のLTEに対応していない新しいiPadを改良し、iPhone 5のようにLTEに対応させるという可能性も考えられます。

バッテリー・液晶の改良。既存ユーザーへの配慮からマイナーアップデートに留まると予想されています。

価格

価格については、第5世代のiPod touchと新しいiPadの中間になるとみられ、Nexus 7を意識した競合価格にはならないとの見方が大勢のようです。

16GBで3万円前後からスタートする、という価格帯となる可能性が高そうです。

スケジュール

発表イベントが水曜ではなく火曜日という点がイレギュラーですが、通例ではイベントの週の金曜日に予約を開始し一週間後に発売、というスケジュールが一般的です。

今回の場合は、10月26日(金)に予約開始、11月2日(金)に発売となります。

生産に遅れが出たり、需要が供給を大きく上回る場合は、米国のみの先行販売や、発売国を絞る可能性もあります。

イベントは日本時間で10月23日26時(24日午前2時)から開催。

当サイトでも早朝に発表内容をまとめた記事を掲載する予定ですので、ブックマークまたはTwitterアカウントのフォローをお忘れなく。@touch_labをフォロー

これまでの「iPad min」関連の記事はこちらからどうぞ。