ipad_mini_battery_leak_0.jpg

iPadの小型版「iPad mini (仮称)」のバッテリーとされる画像が掲載されています。[source: MacRumors

情報のソースが明らかにされておらず、画像も2枚のみと少ないものの、ラベルの記述がアップルの他の製品とよく似ており、また形状が既にリークしているバックパネルとほぼ一致するとのこと。

とくに注目されるのはラベルの部分。

各種の認証マークが欠けているところから、テスト用または開発段階のものとみられます。

また、モデル番号「A1445」、アップルのパーツ番号「616-0641」とともに、「3.72V 16.7Whr 4490 mAh」という記述も読み取れます。

ipad_mini_battery_leak_1.jpg

下は、これをもとにバッテリーの容量(Whr)を比較したもの。

iPad miniはRetinaディスプレイを搭載しないとみられており、スペック的には「iPad 2の画面を小型化したもの」とされています。

iPad 2の容量が25Whrであることから、このバッテリーはその約3分の2(66.8%)という計算になります。

これまでのiPadをみると、アップルは、インターネット閲覧・ビデオ再生・音楽再生で最大10時間目安にしているらしく、iPad miniもこれと同程度の駆動時間になると予想できます。

ipad_mini_battery_leak_2.jpg

バッテリーを小さくできる理由のひとつには、画面の小型化が挙げられます。

iPad 2と対角線で比較すると約81%(7.85 / 9.7 = 0.81) 、面積だと約65%となり、ここでも約3分の2という値が出てきます。

同様に、消費電力の大きな割合を占めているプロセッサーも、何らかの省電力対策が施されている可能性がありそうです。

ipad_mini_battery_leak_3.jpg

iPad miniについては、

  • 10月23日に発表イベントを開催
  • 7.85インチ(non-Retina)ディスプレイ
  • ホワイトとブラック&スレートモデル
  • 左右のベゼルが細いデザイン
  • 第5世代 iPod touchに近いバックパネルのデザイン
  • Lightningコネクタを採用

といった情報・噂がこれまでに流れています。

iPad miniに関するこれまでの記事はこちらからどうぞ。