ios_601_rumor_0.jpg

アップルが、iOS 6に発生しているバグを修正する「iOS 6.0.1」のテストを開始しているとの情報が掲載されています。[source: BGR

記事によると、アップルは米国のキャリアと共に「iOS 6.0.1」のテストを開始しており、近くリリースされる予定とのこと。

バージョンからも推測されるように、「iOS 6.0.1」はバグの修正が主な目的で、

  • キーボードに現れるノイズライン
  • カメラのフラッシュが光らないバグ
  • Wi-Fiや携帯通信の不具合
  • ロック画面からPassbookアクセスできるバグ
  • Exchangeの会議招待のバグ

といった問題への修正が含まれるようです。

iOSに限らず、OSのメジャーアップデートには多くのバグが含まれていることがあり、iPhone 5と合わせてリリースされたiOS 6でも様々な問題が報告されています。

なかでも広く知られているのが、キーボードなどにノイズのようなラインが発生するというもの。

またBGRでは、アップルはすでに「iOS 6.1」にも着手しているものの、ホリデーの後(クリスマスと正月の後)にリリースされるとみられ、iPad mini(仮称)への搭載には間に合わない、とも伝えています。

いずれにせよ、現在多く報告されているバグを修正した「iOS 6.0.1」の一日も早いリリースを期待したいところです。

【関連記事】iPhone 5のキーボードに現れるノイズ