icon
icon
screenshot

グーグル製マップがiOS 6で姿を消し、これまでいかに依存してきたかを痛感した方も多いのではないでしょうか。

失った機能を挙げればキリがありませんが、なかでも惜しまれるのは、長年見慣れたグーグルマップのデザインかもしれません

このアプリ『ClassicMap App Store』は、iOS 6のデバイスでも、あの使い慣れたグーグル製マップを閲覧することができる無料のアプリです。

はじめにお断りしておきたいのは、このアプリはグーグルマップの閲覧をすためのもので、iOS 5までのマップ・アプリの全機能を再現しようとしている訳ではない、という点。

そのような「万能地図アプリ」は、現在iOS向けアプリを開発をしているはずのグーグルや、全力でバーション1.0の改良を行っているアップルに期待するべきでしょう。

このアプリでGPSの機能を使うには、アプリの初回起動時に表示されるプロンプトで「OK」を選択します。

この設定は、「設定」>「プライバシー」>「位置情報サービス」で後から変更することがでいます。

左下の矢印をタップすると現在地の周辺、キーワードで検索するとその場所が、見慣れたグーグル製マップで表示されます。

app_navi_classic_map_1.jpg app_navi_classic_map_2.jpg

右下のボタンでページをカールすると、オプションが表示されます。

このあたりのユーザーインターフェイスにも、旧マップのデザインが引き継がれており嬉しくなります。

ここで「標準」を選択するとiOS 6のアップル製マップ、「クラッシック」ではグーグル製が表示されます。

app_navi_classic_map_3.jpg app_navi_classic_map_4.jpg

ピンのドロップは長押しではなく、オプションの画面から行います。

ドラッグによるピンの移動には対応していませんがドロップした場所の住所は表示してくれます。

app_navi_classic_map_5.jpg app_navi_classic_map_6.jpg

検索は、駅や施設等のランドマークは問題なく結果が表示されますが、例えば周辺のコンビニといった検索はうまく表示されないようです。

app_navi_classic_map_7.jpg app_navi_classic_map_8.jpg

この他にも、ルート検索、渋滞情報、ストリートマップなど、対応していない機能は数多くありますが、それらはグーグルマップのAPIの制限に起因する可能性もあります。

広告もなく無料で提供されているため、開発者に多くを望むことはできませんが、今後のアップデートで機能が増えることに期待したいところです。

このアプリはユニバーサル対応しており、iPadの画面にも最適化されています。

ClassicMap App Store
ナビゲーション:1.0 MB
価格:無料
対応:iPhone・iPod touch・iPad
開発:Katsumi Kishikawa