アップルが9月12日(日本時間翌13日)に開催するイベント「It’s almos here」の会場の装飾をもとにデザインした、美しい壁紙が公開されています。[source: @retinaipadwalls ]

このイベントでは、iPhoneの次期モデル「iPhone 5 (仮称)」のはじめ、iPodの新製品などの発表が予想されています。

既にお伝えしたとおり、会場となる「Yerba Buena Center for the Arts (YBCA)」では、外壁がアップルロゴとともにカラフルに装飾されています。

special_event_prep_0.jpg

このカラフルな装飾から、iPhoneまたはiPod touchのカラー展開を連想する人も少なからずいるようですが、このカラーは「iOSのアイコン」を引き延ばしたもののようです。

MacRumorsの読者の指摘によると、この装飾を縦方向に圧縮していくと、よく見慣れたiOSのアイコンが姿を表すとのこと。

ybca_2012_fall_wallpaper_1.jpg

一部不明な箇所があるものの、確かにアイコンが見えていきます。

そしてこの「発見」が周知されるにつれ、iOSのアイコンをもとにYBCAの装飾を再現した画像が、いくつかのサイトで壁紙として作成・公開されています。

なかでも、ビビットで美しいと感じたのが下のTwitterアカウントが公開したもの。

新しいiPad用のためサイズが大きいですが、保存して壁紙登録時にサイズをあわせれば、iPhone・iPod touchでも使用できます。

イベント開催まで期待を膨らましたいひとは、壁紙に登録してみてはいかがでしょうか。

【リンク】iPhone 5 Event Poster