taller_than_expected_0.jpg

iPhone 5で画面サイズが変更されたこと誇張した画像をよく目にしますが、それを映像にした面白い動画がありました。

映像はアップルのプロモーションビデオのパロディで、説明の語り口調から演出までそっくりに作られています。

登場するニセ「iPhone 5」は、内部構造を根底から見直し、スクリーンの幅を変えることなく、18%薄く795%長くすることに成功。

taller_than_expected_1.jpg

スクロールしなくても長いページを一気に閲覧できたり、

taller_than_expected_2.jpg

楽器アプリもより自然に演奏できたりします。キーボードやそろばんもこの長さあれば余裕。

taller_than_expected_3.jpg

これまでは想像もしなかった場面でも活躍することもあります。

taller_than_expected_4.jpg

パノラマ写真の撮影もワンタップで終了。スイングする必要もありません。

taller_than_expected_5.jpg

アンテナの感度も問題もこれで解決?

taller_than_expected_6.jpg

アメリカ人が大好きなネタ系アプリだってこのとおり。

taller_than_expected_7.jpg

顔を観ながら話せる「FaceTime」ならぬ、カラダ全体がみえる「BodyTime」も可能に。

taller_than_expected_8.jpg

長いことによるデメリットは簡単に想像できますが、この動画をみると意外とメリットも多いようです。

iPhone 5は「革新的でない」との評価もあるようですが、確かに初代iPhoneはこれくらいのインパクトがあった気がします。

動画こちらどうぞ。