震災時帰宅支援マップ首都圏版2012-13 App Store』は、首都圏で震災が発生した際に、徒歩での帰宅をサポートしてくれるアプリです。

ネットワークのダウンを想定し、地図のデータをアプリ内に内蔵。

徒歩での帰宅に必要となるトイレ・支援ステーション・避難所などのスポットの情報もオフラインで検索できます。

先日のアップデートで大幅な改良が行われ、実際に歩いて帰る事態になった場合に心強いアプリに進化しています。

まず最初にお伝えしたいのは、このアプリは目的地までの経路を教えてれる「ナビ」ではないということ。あくまで自分で地図をみて道順を決め、歩いて帰ることをサポートするのが目的です。

特徴をまとめると、

  • アプリに地図データ内蔵
  • GPSによる現在位置の確認
  • 避難所・病院・帰宅支援ステーション・トイレなどの情報
  • 帰宅推奨ルート上の危険個所の表示

などの機能があります。

アプリのタイトルは「首都圏」となっていますが、実際には皇居を中心とした半径30キロ程度の地図のみが収録されています。

自宅・帰宅ルートが含まれているかは、サポートページでご確認ください。

app_weather_kitaku_shien_map_1.jpg app_weather_kitaku_shien_map_2.jpg

ナビゲーション機能はありませんが、目的地を登録することで、進むべき方角および直線距離を表示してくれます。

あらかじめ自宅・実家・職場など、歩いて帰る可能性がある場所を登録しておけば、災害が発生した際に選択するだけで済み安心です。

app_weather_kitaku_shien_map_3.jpg app_weather_kitaku_shien_map_4.jpg

アプリの利用にデータ通信を必要としないため「オフラインモード」でも利用可能。

オフラインの状態でもGPS衛星からの信号を受信することで、現在位置を把握することができます。GPSの受信状態がアンテナ表示のように表示されるので、位置がズレていないかどうかの目安になります。

地図は北を上にしたものと、電子コンパスを利用したヘッドアップの表示に対応しています。

地図データは、1/1万(山手線内の一部)、1/2.5万、1/20万を収録し、ピンチアウト・インによる拡大縮小に対応しています。

app_weather_kitaku_shien_map_5.jpg app_weather_kitaku_shien_map_6.jpg

画面したのメニューから「周辺検索」を選択すると、周辺の避難所・帰宅支援ステーション・病院・トイレ・などを地図上に表示。各スポットまでの距離も表示される親切な設計です。

app_weather_kitaku_shien_map_7.jpg app_weather_kitaku_shien_map_8.jpg

 

アプリを使って25キロ歩いてみた

実際に使ってみないとその実力がわからないので、このアプリの地図を頼りに、皇居から千葉県船橋市まで、約25キロを歩いてみました。

テストした8月末は、さすがに日中に歩く気がしないので午後5時にスタート。

ランニング用のウェアとシューズ、持ち物はiPhone・バッテリー・水と小銭だけという軽装備です。

app_weather_kitaku_shien_map_9.jpg

このアプリの地図では、都心を中心とした「帰宅推奨ルート」を12本設定してあり、そのルート上は、「ブロック塀」「ビルのガラス」「狭い歩道」など、実地調査に基づいた危険箇所が表示されます。

最短ルートからは外れるものの、せっかくなのでこの推奨ルートを歩くことにしました。

普段は標準の「マップ」アプリを使っているので、最初のうちは操作に戸惑いましたが、次第に慣れてきます。

便利だと思ったのは、周辺の検索での「トイレ」の表示。災害時にはコンビニなどのトイレが混雑することが予想されるので、選択肢があるのは安心です。

app_weather_kitaku_shien_map_10.jpg app_weather_kitaku_shien_map_11.jpg

このアプリとは別に、身につけていた『Nike+ SportWatch GPS』(レビュー)で記録した全行程(25.7キロ・4時間52分)を表示したのが下の地図です。

実際に歩いてみて感じたことは、

  • 歩きやすいシューズは必須
  • 外部バッテリーがないと厳しい(5時間で約40%消費)
  • 水分・食料があると安心(夏場はとくに水)
  • 電車と歩きでは景色が全く異なり地図がないと迷う
  • 運動不足

といったところでしょうか。

今回は軽装で動きやすく、歩道も空いていたので順調に歩けましたが、実際にはもっと時間がかかることが予想できます。

また、自分の足で歩くと距離を実感でき、「安全な場所で待機する」「歩いて帰宅する」を選択する際の判断材料にもなるため、いちどリハーサルしてみることをお薦めします。

app_weather_kitaku_shien_map_13.jpg

あまり考えたくないことですが、首都圏で大規模な地震が発生した際には、交通網や携帯・通信網の復旧に時間を要することが想定されます。

歩いて帰宅する、または家族のところまで移動せざるをえない場合に備え、インストールしておきたいアプリだと思います。

震災時帰宅支援マップ首都圏版App Store
ナビゲーション:228.9 MB
価格:¥800
開発:MAPPLE ON, Co., Ltd.