iphone5_serial_decoding_0.jpg

「iPhone 5」の販売台数が3日間で5百万台を突破したというニュースは既にお伝えしたとおりです。

その売れ行きもさることながら、アップルがそれだけ膨大な在庫を準備してたことも驚きです。

自分のiPhone 5はいつ頃製造されたものなのか、デバイスのシリアル番号から読みとることができます。

かつてアップルのシリアル番号は11桁で構成されていましたが、2010頃から12桁へと変更。

iPhone 5(および他のアップル製品)では、シリアル番号に下のようなフォーマットが使われています。

シリアル番号を入力すると、自動で解読してくれる便利なサイトもありますが、ちょっと気持ち悪いという方は、以下の情報を元に自分で解読が可能です。

シリアル番号は、「設定」>「一般」>「情報」、もしくはパッケージのシールで確認できます。

iphone5_serial_decoding_1.jpg

「FFF」= 工場・ロケーションコード

工場およびロケーションを表すコード。

  • DNP:Foxconn (中国成都市)
  • F2L:? (中国)

「Y」= 製造年

1年を上半期・下半期に別け、1桁のコードで表したもの。

  • F:2011 week 1 – 26
  • G:2011 week 27 – 52
  • H:2012 week 1 – 26
  • J:2012 week 27 – 52

「W」= 製造週

デバイスが製造された週。上の「Y」と組み合わせて使用。

  • 5:week 31 (7/30 – 8/05)
  • 6:week 32 (8/06 – 8/12)
  • 7:week 33 (8/13 – 8/19)
  • 8:week 34 (8/20 – 8/26)
  • 9:week 35 (8/27 – 9/02)
  • C:week 36 (9/03 – 9/09)
  • D:week 37 (9/10 – 9/16)
  • F:week 38 (9/17 – 9/23)
  • G:week 39 (9/24 – 9/30)
  • H:week 40 (10/1 – 10/7)

「UUU」:固有番号

デバイス固有の番号。

「MMMM」:モデルコード

デバイスのモデルを表すコード。モデルナンバー(例:MD662)と一対一で対応。

  • SoftBank
    • Black
      • 64 F39C
      • 32 DTWG
      • 16 DTWD
    • White
      • 64 F39D
      • 32 DTWH
      • 16 DTWF
  • au (KDDI)
    • Black
      • 64 F8H7
      • 32 F8H5
      • 16 F8H2
    • White
      • 64 F8H8
      • 32 F8H6
      • 16 F8H4

例えば、上の画像にある架空のシリアル番号「F2LJCCCSF39C」を解読すると、

工場「F2L」で、week 36 (2012年9月3日-9日)に製造された、固有番号「CCS」のソフトバンク向けBlack 64GB

となります。

ちなみに筆者が9月22日にアップルストア銀座で購入したものはweek 36製造でした。

iPhone 5をお持ちの方は、この情報を元に解読してみてはいかかでしょうか。

[source: MacRumors Forum