bose_soundlink_air_0.jpg

米ボーズが、AirPlay対応のワイヤレス・スピーカー『BOSE SoundLink Air digital music system
』を発売しています。

この製品は、iOSデバイスをはじめとする「AirPlay」対応のアップル製品から音楽をストリーミング再生して楽しむことができるスピーカーです。

bose_soundlink_air_1.jpg

「AirPlay」は、Wi-Fiネットワークを経由して音質の劣化がないApple Losslessコーデックでデータを転送するため、Bluetooth接続よりも高音質で再生できるのが特徴です。

クオリティの高いスピーカーはBluetooth接続では実力を発揮できず、音質にこだわりのある同社としてはAirPlayの採用はごく自然な判断かもしれません。

bose_soundlink_air_2.jpg

このモデルは、同社のDockコネクタ付きスピーカー『SoundDock』シリーズとほぼ同じサイズで、Lightningコネクタが発表された翌日に発売されていることから、事実上の後継モデルといえそうです。

bose_soundlink_air_3.jpg

BOSEからは既に、Bluetooth接続によるワイヤレス・スピーカー『SoundLink mobile』が販売されていますが、AirPlay対応製品によって、音質にこだわる旧Dockコネクタユーザーを取込む狙いがありそうです。

あまり普及していない感のあるAirPlayですが、DockからLightningへの移行がきっかけとなり、対応製品が今後増えてくるかもしれません。

米国での価格は$349.95(約27,100円)で、日本では4万円を切る辺りとなりそうです。

【追記】国内でも2012年9月28日より販売が開始されました。