sanko_iphone_loupe_0.jpg

サンコーが、iPhoneの画面を拡大しながら使える『iPhone対応らくらく操作ルーペ』を発売しています。

iPhoneの画面に表示される文字が細かくて読みにくい方のための製品で、フレネルレンズと折畳み式のアームで構成されています。

sanko_iphone_loupe_1.jpg

使用する際は、クリップでiPhoneに取付けてアームを伸ばし、レンズが画面に水平になるようにセットします。

sanko_iphone_loupe_2.jpg

ルーペが固定されることにより、いつもどおり片手でiPhoneを持ち、もう一方の手で操作することが可能。

レンズと画面の間にスペースがあるので、タッチパネルの操作に支障をきたす心配はありません。

文字の細かいWebサイトや、ピンチアウトで拡大しても文字の大きさが調整されてしまう「マップ」アプリなども読みやすくなりそうです。

sanko_iphone_loupe_3.jpg

必要のないときは、アームを回転させてiPhoneの裏側にしまっておくことができます。

sanko_iphone_loupe_4.jpg

iOSには標準の拡大機能(「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「ズーム機能」)がありますが、3本指でのタップやスクロールなど、使い慣れていないユーザーにとっては操作が煩雑すぎるかもしれません。

価格は1,260円(税込)となかなかリーズナブルな設定。

使っているところ見られるのは恥ずかしい気もしますが、iPhoneの画面が読みにくくて困っている方には便利なアイテムではないでしょうか。

by カエレバ