logicool_ultraslim_keyboard_cover_tk710_0.jpg

ロジクールから発売されたiPad 2・新しいiPad(第3世代)用のキーボード『Ultrathin Keyboard Cover TK710
』を購入、試してみました。

iPadをはじめとするタブレット端末の普及により、それらに対応したBluetoothキーボードが数多く販売されるようになりました。

似たり寄ったりの製品の中で、この製品はiPad用キーボードの「本命」といってよく、

  • キーボードとカバーの一台二役
  • 強力なマグネットでiPadに固定
  • スリムでスタイリッシュなデザイン
  • 最大6ヶ月使える省エネ設計
  • キーボード・マウスで信頼されるLogicool製
  • 3年間保証付き

といった特長があります。

logicool_ultraslim_keyboard_cover_tk710_1.jpg

まずは届いたパッケージそのものが薄いことに驚き、中身を取り出してその薄さに再び驚かされます。

新しいiPadと比較すると、厚さはほぼ同じ9.96mm、重さは約半分の355gほどしかなく、他のキーボードに比べて圧倒的な薄さと軽さを実現しています。

logicool_ultraslim_keyboard_cover_tk710_2.jpg

スマートカバーと同様に、マグネットを内蔵したヒンジを搭載。ピタッとiPadに吸い付き固定させることができます。

この機能があるため、対応モデルはiPad 2と新しいiPad(第3世代)に限られ、初代iPadは非対応となります。

logicool_ultraslim_keyboard_cover_tk710_3.jpg

新しいiPadにマグネットで固定して開いた状態。

その薄さがおわかり頂けると思います。

logicool_ultraslim_keyboard_cover_tk710_4.jpg

閉じた状態がこちら。

強力なマグネットでiPadとくっつくので、持ち歩く際はカバーとして機能します。

もちろん、スマートカバーと同様にカバーの開閉によるスリープ(および解除)にも対応しています。

iPadと同じアルミ製(梨地加工)のため、デザイン上の一体感も申し分ありません。

logicool_ultraslim_keyboard_cover_tk710_5.jpg

キーは横幅一杯にレイアウトされており、キービッチは17mm。

この薄さながらパンタグラフ式を採用し、キーストロークはRetinaディスプレイのMacBook Proとほぼ同じ1.2mmを確保されれており快適です。

ホームボタン・言語切替、キーボードの表示・非表示をはじめ、iPadで頻度の高い操作はキーボードから行えるので便利な仕様。

logicool_ultraslim_keyboard_cover_tk710_7.jpg

内蔵バッテリーの充電は、付属のmicroUSB-USBケーブルで行います。約2時間で充電は完了。

フル充電すると、毎日2時間の使用した場合で約6ヶ月持つという省エネ設計で、バッテリーの心配をせずに思う存分タイピングができます。

logicool_ultraslim_keyboard_cover_tk710_8.jpg

キーボードの上には、iPadを立て掛けるため白い溝があります。

溝は浅いものの、この中にもマグネットが埋め込まれており、iPadがピタリと吸い付いて安定感してくれます。

logicool_ultraslim_keyboard_cover_tk710_10.jpg

iPad 2を立て掛けてみたところ。

超ウルトラノートと呼びたくなる一体感が印象的です。

logicool_ultraslim_keyboard_cover_tk710_9.jpg

ヨコからみたところ。

一見すると不安定なようですが、溝の中のマグネットで固定されているので、グラつきは全くありません。

logicool_ultraslim_keyboard_cover_tk710_11.jpg

ホワイトの新しいiPadで使用した例。

ブラックほど見た目の一体感はないものの、これはこれでよいデザインではないでしょうか。

logicool_ultraslim_keyboard_cover_tk710_12.jpg

ブラック・ホワイトのどちらのモデルでも、閉じてしまえば純正品のような統一感があります。

アップルのロゴされ付ければ、どちらがiPadでキーボードなのか分からなくなりそうなほど、よくデザインされています。

logicool_ultraslim_keyboard_cover_tk710_6.jpg

総重量は、iPad 2と組み合わせると956g、新しいiPadの場合で1,007gにとなり(共にWi-Fiモデル)、MacBook Airの11インチ(1,080g)よりも僅かながら軽くなる計算です。

一方でバッテリーはiPadの方が約2倍の10時間使用でき、メール・Web・執筆などが中心であれば、この組み合わせの方が優秀といえるかもしれません。

iPadを外に持ち歩くことが多く、物理的なキーがないとタイプできないというユーザーにっとっては、まさに本命といえるキーボードではないでしょうか。

製品名 Ultrathin Keyboard Cover TK710
製造 ロジクール
対応機種 iPad 2・新しいiPad (第3世代)
重量 355 (g)
サイズ 241.2 x 189.85 x 9.96 (mm)
ショップ アマゾン楽天市場
参考価格 9,980 円