logicool_solar_keboard_tk810cb_0.jpg

ロジクールが、ソーラー充電式のiPad 2・新しいiPad向けのケース兼ワイレスキーボード『ロジクール ソーラーキーボード フォリオ TK810CB』を発売しています。[source: プレスリリース

この製品は、iPadの前後両面を保護するフォリオタイプのケースに、Bluetoothで接続するキーボードを内蔵。

さらに太陽光発電パネルを埋め込むことで、わずらしいキーボードの充電という手間を省いてくれるのが特徴です。

また、iPadの傾斜を、タイピング用とスタンド・動画鑑賞用、の2段階で調節することができます。

logicool_solar_keboard_tk810cb_1.jpg

Bluetoothキーボードの電源は、内蔵の単四型ニッケル水素電池2本から供給。

iPadを使用していない時にパネル面を上にして置けば、太陽光はもちろん部屋の中の照明でも約6時間で充電が完了。

フル充電になると、明かりの無い部屋でも2年間使用できるとのこと(1日2時間使用した場合)。

logicool_solar_keboard_tk810cb_2.jpg

重さは約460gと若干重めですが、iPad本体と合わせて約1.1Kgとノートパソコンと思えば、軽量といえるかもしれません。

価格はオープンですが、ロジクールのダイレクトショップでの値段は15,800円(税込)。発売は2012年7月20日の予定です。