flashr_iphone_case_kickstarter_0.jpg

Kickstarterで、着信やアラートを光ってお知らせするiPhoneケース「FLASHr」を製造するプロジェクトが公開されています。[source: Kickstarter

iOS 5以降には、着信・アラート時にLEDフラッシュを点滅してお知らせする機能が搭載されています(「設定」アプリの、「一般」>「」>「アクセシビリティ」>「LEDフラッシュ通知」で有効)。

「FLASHr」はこの機能に目を付け、LEDの光を拡散させる仕組みを内蔵し、ケースの側面および背面のロゴの部分が点灯するという製品です。

flashr_iphone_case_kickstarter_1.jpg

iPhoneのLEDからの光を利用しているだけなので、ケースにバッテリーや回路は使われておらず、充電の必要もありません。

flashr_iphone_case_kickstarter_3.jpg

「FLASHr」は、LEDの光を拡散する「Glow Frame」、反射板、バックパネルの3層構造を採用。

LEDフラッシュ用の窓を開閉することで、LEDを使った撮影にも対応しています。

US$35(約2,350円)から出資を受付けており、日本から申し込む場合は送料US$15が別途必要となります。

「Glow Frame」とケース本体の色の組み合わせにより、数種類のカラーバリエーションが用意される予定。

flashr_iphone_case_kickstarter_4.jpg

Kickstarterファンのためのスペシャル・バージョン(スケルトン)もあります。

flashr_iphone_case_kickstarter_5.jpg

通常のクリアケースでもLED光が拡散することは知られてましたが、それを積極的に利用したのは面白いアイデアではないでしょうか。

Flasher (英語で変出者の一種)」をもじった製品名にもユーモアのセンスが感じられます。

iPhoneの次期モデルでは利用できそうにありませんが、iPhone 4・4Sをもうしばらく使う予定の方は、下のリンクからどうぞ。

【リンク】Kickstarter – FLASHr

【関連記事】ケータイパラダイス、iPhoneのアップル・ロゴをLEDで光らせるカスタマイズを提供