jawbone_big_jambox_0.jpg

Trinityから発売されたワイヤレススピーカー『JAWBONE BIG JAMBOX
』を購入、試してみました。

このスピーカーは、高機能かつスタイリッシュなBluetoothヘッドセットで知られる米Aliph社が開発したもので、小型ながら迫力のサウンドを生み出す『Jawbone JAMBOX
』(レビュー)の大型版ともいえる製品です。

jawbone_big_jambox_13.jpg

カラーおよびパターンの異なる3つのモデル、『グラファイトヘックス』『ホワイトウェーブ』『レッドドット』がラインナップされており、今回は落ちついた色の『グラファイトヘックス』を購入してみました。

jawbone_big_jambox_1.jpg

パッケージには、有線接続用のステレオケーブル、充電・シンク(後述)用のUSB-microUSBケーブル、ACアダプタが含まれます。

jawbone_big_jambox_3.jpg

本体の前後・上下面はメッシュ状のメタルパネルで覆われ、見る角度によって模様が浮き出るデザインパターンが施されています。

ボタンを除きほぼ直方体のシンプルな外観で、家庭からオフィスまでどんなインテリアでも違和感なく使える印象。

jawbone_big_jambox_2.jpg

操作ボタンは上面に集中して配置されています。

ボタンはそれぞれの機能に合わせ形状をしており、暗い場所でも指先感覚で操作することがきます。

jawbone_big_jambox_4.jpg

電源および入出力関連は本体再度に集約。

ラベルがないのが不親切ではありますが、おそらくデザイン性を優先したことによる省略だと思われます。

jawbone_big_jambox_5.jpg

最大15時間再生できるバッテリーを内蔵し、重さは約1.3キロと手に持つとズシリと感じるほどあります。

この重さとパワフルな音量を支えるため、底面にはかなりしっかりとしたラバー製の足が備えられています。

jawbone_big_jambox_6.jpg

初代『JAMBOX』との比較。

手のひらサイズながら迫力のサウンドを奏でることで話題となった『JAMBOX』(写真手前)と比較してみました。

外観および機能面では初代を踏襲しているものの、大きさは全く異なり、想定している用途が異なることがサイズからも伺えます。

jawbone_big_jambox_7.jpg

肝心の音質も全くの別物。

「このサイズにしては」が枕詞のように付いていた初代とくらべ、高音から低音までバランスよくリッチな音を鳴らし、とくに音量を上げたときの感じる余裕は、やはりこの程度のサイズがあってこそかもしれません。

jawbone_big_jambox_8.jpg

『BOSE SoundLink Wireless Mobile』との比較

サイズも価格も違う初代と比較してもフェアではないので、この市場で真っ向から競合する『SoundLink Wireless Mobile speaker
』(レビュー)と比較してみました。

Bluetooth接続、まともな音質、バッテリー駆動、といった条件で探すと、意外にもこの2つに絞られます。

どちらも一般的な広さの部屋で使うには十分なパワーと、音楽鑑賞にも耐えうる音質を備えていますが、聴き比べてみると違いがハッキリとわかります。

BOSEの魅力はやはりその圧倒的な低音。その一方で音源によっては低音が鳴りすぎて不自然に聞こえることがあります。

それに対してBIG JAMBOXはよりフラットな印象。BOSEより低音が弱めなものの、高音に伸びがあり、全体的にバランスが取れている気がします。

jawbone_big_jambox_9.jpg

音質については甲乙付け難く、また好みの問題でもあるので、スペック面で比較してみます。

JAMBOXは断面が正方形に近い直方体なのに対し、BOSEは高さがある薄型の形状です。

重さはどちらも約1.3Kgと変わらないものの、バッテリーによる再生はBOSEが約8時間なのに対し、BIG JAMBOXは15時間と約2倍の容量があります。

機能面では、BOSEがスピーカーとしての基本に絞られているのに対し、JAMBOXはスピーカーフォン、カスタマイズ機能、疑似サラウンドのような臨場感を出す「Live Audio」、Siri対応など、豊富に搭載されています。

また、本国での定価はどちらも$299ですが、国内ではBOSEが36,750円、BIG JAMBOXが29,800円で、実売価格では10,000円近くの開きがあるようです。

jawbone_big_jambox_10.jpg

「Bluetoothは音質がダメ」という印象を持つひとも少なくないと思いますが、実際付属のケーブルでLINE入力をして聴いてみると、音質が変わるのをはっきりと実感できます。

よって、iPhone・iPod touch・iPadを使用しないときは、有線で使用してみるのもおススメです。

とくにアップル純正のドックをお持ちの方は、置くだけで接続できて便利です。

jawbone_big_jambox_11.jpg

このBIG JAMBOXをはじめ、JawboneのBluetoothアクセサリーは、「MY TALK」というソフトで音声案内や機能をカスタマイズすることができます。

iPhone 4Sユーザーであれば、「音声コントロール」というアプリをJAMBOXにインストールして、スピーカーからSiriを呼び出すことも可能。

その他紹介しきれないほどの機能を装備し、「スマートスピーカー」という呼び名に値する製品といえるかもしれません。

jawbone_big_jambox_12.jpg

豊富な機能と性能を考えるとかなりコストパフォーマンスのよい製品だと思いますが、決して安い買い物ではないので、できれば家電量販店などで試聴してみてから判断することをおすすめします。

まともな音質のBluetoothスピーカーをお探しの方は、必ず候補に入れておくべき製品だと思います。

【関連記事】

製品名 JAWBONE BIG JAMBOX
販売元 トリニティ株式会社
対応機種 iPhone 3G以降・iPod touch第2世代以降・iPad 初代・2・3
サイズ・重さ 256 × 93 × 80 (mm)・1,270 (g) 
ショップ Amazon楽天市場Trinity Online
参考価格 29,800 円 (税込)