ios6_beta3_0.jpg

アップルが、iOSの次期バージョン「iOS 6」のベータ3を開発者向けに公開したと伝えられています。[source: 9to5Mac

先月の開発者向けのイベント「WWDC 2012」で発表された「iOS 6」では、200以上の新機能・改良が加えられ、今秋のリリースが予定されています。

iOS 6では、地図アプリをGoogleからアップル自前のサービスに移行することが注目されていますが、当初貧弱と思われていた地図データもベータを重ねるうちに徐々に充実しつつあるようです(画像は9to5Macから引用)。

ios6_beta3_2.jpg

また、今回のベータ3では、iCloudのユーザーが「@iclould.com」のメールアドレスを取得できるようになっているとのこと。

アップルによるメールアドレスの提供はこれで、「@mac.com」「@me.com」につぎ3個目となり、ユーザーの混乱を招く要因となることも考えられます。

ios6_beta3_3.jpg

iOS 6の一般への公開は「今秋」と予告されていますが、9月とも10月とも予想されているiPhone 5発表のタイミングと合わせることは間違いなさそうです。

ios6_beta3_1.jpg

iOSのアップデートは、開発者向けにベータ版が先行して公開され、検証とリビジョンを経て一般に公開されます。

アップルが過去に、iOS(かつてはiPhone OS)のメジャーアップデートで公開したベータ数をみると、

  • iOS 2:beta 8
  • iOS 3:beta 6
  • iOS 4:beta 4
  • iOS 5:beta 8 

となり、iOS 6もあと何度かベータを公開することが予想されます。

【関連記事】