iphone5_rendaring_0.jpg

流出したパーツを元に「iPhone 5」のデザインをレンダリングした画像が公開されています。[Source: MacRumors ]

Blackpool Creativeが作成したこれらの画像は、このところ流通しているiPhone 5のバックパネルとされるパーツや図面を元に、CADを使って製作されたものです。(画像はクリックで拡大できます)

iphone5_rendaring_1.jpg

3Dモデルは一見すると実物と間違うほどのクオリティが高く、このままアップルのサイトい掲載されていても違和感がないほどです。

本体上から消えたイヤフォンジャックや、中央に移動したFaceTimeカメラなど、リークしたパーツ・図面が忠実に再現されているのがわかります。

iphone5_rendaring_2.jpg

カメラとフラッシュの間にある小さな穴は、動画撮影のマイク用との見方があるようです。

iphone5_rendaring_3.jpg

イヤフォンジャックは本体下へ移動。

ドックコネクタが小型化し、スピーカーとマイク(?)のグリルのデザインが変更されているのも流出したパーツと同じです。

iphone5_rendaring_4.jpg

iPhone 4・4Sでは、ガラス製のバックパネルとパーツを納めるミドルフレームが別でしたが、このデザインではひとつにまとめられています。

iphone5_rendaring_7.jpg

下はこの3Dレンダリングを回転させた動画です。

このデザインの元になっているパーツや図面の真偽は確認されておらず、あくまでiPhone 5の「予想図」に過ぎませんが、毎日のように目にしていると、本物のように見えてくる気がしないでもありません。

iPhone 5が来週開催されるWWDCで発表されると期待する向きもあるようですが、昨年と同様に秋頃になるとの予想が大方を占めているようです。

【関連記事】