レーシングカーのデザインを取り入れたiPhone 4・4用メタルケース『Mooncraft ジュラルミンユニット』が発売されています。

レーシングカー・デザイナー由良拓也氏によるジュラルミン削り出しのケースで、エンジンの冷却フィンやエグゾーストパイプからヒントを得たデザイン最大の特長。

背面のカメラには、付属の広角・マクロレンズを取り付けることが可能です。

mooncraft_iphone_case_1.jpg

本体の底面には三脚用のネジ穴があり、手ブレが心配なシーンでも安心。

mooncraft_iphone_case_2.jpg

とくにオプションで購入できる望遠レンズを使用する際に活躍しそうです。

mooncraft_iphone_case_5.jpg

2本のボルトはチタン製で、本体はレーシングカー・航空機にも使用されるジュラルミンA2017という素材を使用。

背面まで覆う金属製フルカバータイプにも関わらず、約55gという軽量化を実現しているとのこと。

内部には、iPhoneのアンテナとの接触を避け、受信感度の低減を抑えるためと思われるパッドがあります。

mooncraft_iphone_case_3.jpg

金属製のケースにはお決まりの、

“通常の使用ではほとんど差支えありませんが、ケースを付けると若干電波の受信が弱くなる場合があります”

との但し書きが添えられていますが、それを差し引いても有り余る魅力を感じる人も少なくないかもしれません。

mooncraft_iphone_case_4.jpg

価格は29,800円(税別)で、初回生産は50個限定かつシリアル番号付きとのこと。

レーシング系、金属フェチ系のiPhoneユーザーの方は、下のサイトからどうぞ。

【リンク】mobilefun.jp – Mooncraft ジュラルミンユニット