ipad_keypboard_prototype_0.jpg

iPadのバーチャル・キーボードは、十分なサイズが確保されているものの、テキストの選択やカーソルの移動などの編集に機能が使いづらいく、効率が悪いと感じることはないでしょうか。

そんなiPadでのテキスト入力に対し、改善策を提案するコンセプト動画が公開されています。

現状のiOSでは、カーソルの移動やテキスト選択をおこなう際に、キーボードから手を離し、指先で入力中のテキストエリアをポイントする必要があります。

指でポイントするカーソルは、なかなか思った場所にいかず、イライラすることも少なくありません。

このコンセプトでは、キーボード上を左右にドラッグすることでカーソルを移動するという方式を採用。

2本指でドラッグすると、高速に移動することができます。

ipad_keypboard_prototype_1.jpg

テキストの選択は、シフトキーを押しながら2本指でドラッグします。

ipad_keypboard_prototype_2.jpg

実際にタイプしてる様子を収めたデモ動画がこちら。

現在のiPadのキーボードよりも、格段にスムーズに入力・編集ができそうです。

このプロトタイプを作成したDaniel Hooper氏は、これらの機能を採用するようAppleに働きかけるよう呼びかけています(手順はYouTubeの説明文にあります)。

iPadのキーボードは、テンキー入力や分割レイアウトの採用など徐々に進化しているものの、こと編集に関してはあまり進歩がみられません。

必ずしもこの方式である必要はありませんが、将来のiOSのバージョンで、より効率のよい編集方法が実装されることを期待したいところです。

[関連記事]iPadの分割キーボードに隠された「目に見えない」6つのキー