b_and_o_geoplay_a3_0.jpg

Bang & Olufsen(B&O)が、iPad向けのスピーカー付きスタンド「Beoplay A3」を発表しています。[source: B&O ]

B&Oは、優れたデザインおよび性能で知られる、デンマークのオーディオ・ビジュアル機器ブランドです。

この「Beoplay A3」は、くさび形をしたiPad専用のスピーカーで、付属のアダプターを使用して本体に装着。

b_and_o_geoplay_a3_1.jpg

iPadがまるでスピーカーの一部になったかのように埋め込まれ、表面は完全にフラットになります。

b_and_o_geoplay_a3_2.jpg

デザインだけでなく、音質・性能にこだわるブランドだけあり、スピーカーにも工夫がみられます。

ウーファーおよび3つドライバーで構成され、デバイスの置き方を感知して、自動的に3つのドライバーのうちの2つを使用します。

b_and_o_geoplay_a3_5.jpg

よって下のように、どの方向に置いても常に最適な音の広がりが楽しめるとのこと。

b_and_o_geoplay_a3_3.jpg

iPadのスピーカーは、iPhoneやiPod touchに比べると格段に性能がよいものの、音楽を聞いたり、離れて動画を視聴するには物足りないと感じることがあります。

デザイン性が高く、また場所もとらないので、インテリアとしてもよいかもしれません。

b_and_o_geoplay_a3_4.jpg

バッテリーを内蔵し、最大で約5時間の再生が可能。

対応機種が明記されていませんが、少なくとも初代iPad・iPad 2には対応しているようです。

予想される価格は450ポンド(約58,400円)と、B&Oにしてはリーズナブルかもしれません。

下記サイト登録すると、発売時期などの詳細な情報を受け取ることができます。

【リンク】Beoplay A3