Dummy Defense App Store』は、限られた資材で構造物をつくる物理パズルです。

丈夫な建物・防護壁をつくり、爆弾・巨大ハンマー・落石などの脅威から、クラッシュダミーの「Melvin」を守るのが目的です。

開発元によるトレイラー動画がこちら。

既にApp Storeに公開されている『SimplePhysics App Store』と同じ開発者によるアプリで、画面をみて気づく方も多いかもしれません。

収録されている25のパズル面はひつめを除きロックされており、クリアするごとに次のレベル解除されるという仕組み。

25面と聞くと少ないように思えるかもしれませんが、それぞれ奥が深いためボリュームがあります。

app_game_dummy_defense_1.jpg

最初のレベルは、画面にある爆弾の爆風から右側のクラッシュダミーを守るのが目的。

中央の方眼のような場所に防護壁を建設します。

app_game_dummy_defense_2.jpg

指でなぞってタテ・ヨコ・斜めの線を描き、2次元の建物を構築します。

取消は左上の矢印。ハンマーをタップすると線を消すモードになります。

画面中央上に表示されているのは、使用した資材のコストと予算。

予算内で目的が達成できればクリア、よりコストを抑えることで、最大3つまで星が貰えます。

準備ができたら、右上の再生ボタンで実験を開始します。

app_game_dummy_defense_3.jpg

再生モードでは、実際に爆弾が爆発し、物理法則から割り出された力が建物に加わります。

スローで再生したり巻き戻したりして、どのように壊れていくかを観察することが可能。

この結果を参考に、建物に手直しを加え再度実験する、を繰り返します。

app_game_dummy_defense_4.jpg

次のレベルは、爆弾の代わりに巨大なハンマーが画面右から落ちてきます。

app_game_dummy_defense_5.jpg

なかなか上手くいかない場合は、ヒートマップ表示に切替え、力がどこに集中しているかスロー再生でみるのもおすすめです。

app_game_dummy_defense_6.jpg

その他のレベルも、崖から岩石が転がり落ちてきたり、

app_game_dummy_defense_7.jpg

バスケットボール大の雹(ひょう)が降ってきたりと、それぞれ特徴があり、まったく違う構造の建物が必要とされます。

app_game_dummy_defense_8.jpg

さらに進むと、「Melvin」(左)守りつつ「Kelvin」(右)にダメージを与えるなど、次第に複雑になってきます。

app_game_dummy_defense_9.jpg

このアプリのベースとなっている『SimplePhysics App Store』がシミュレーションの要素が濃かったに対し、このアプリはよりパズル性が高く、難易度もちょうどよく設定されています。

「作っては壊す」という試行錯誤が好きな方は、かなり楽しめると思います。

 

Dummy Defense App Store
ゲーム:27.1 MB
価格:¥85
対応:ユニバーサル
開発:Jundroo, LLC