nikeplus_basketball_training_0.jpg

米ナイキが、圧力センサーを組み込んだシューズとiPhoneアプリを連携させた新しいシステム「Nike+ Basketball」と「Nike+ Training」を発表しています。

現在の「Nike+」は、シューズに組み込んだ1つのセンサーで歩数をカウントし、そのデータから距離を計算するというランニング・ウォーキング専用のシステムです。

今回発表された新しいシステムでは、シューズのソールに複数の圧力センサーを内蔵。

これまで不可能だった、プレイヤーの俊敏さ、ジャンプの高さ、運動量などの計測も可能になるようです。

集めたデータをiPhoneのアプリで共有し、友人や知人と競うことできるとのこと。

nikeplus_basketball_training_1.jpg

機能を簡単に紹介した動画がこちら。

このシステムに対応するシューズ「Nike Hyperdunk+」は米国で今夏発売される予定。

また、一般的なトレーニング向けのシステム「Nike+ Training」も発表。

おなじく圧力センサーを内蔵したシューズを発売し、ゲーム感覚でエクササイズができる模様。

nikeplus_basketball_training_2.jpg

機能を紹介した動画がこちら。

ナイキは今年に入り、日常の運動量を計測するリストバンド「Nike+ Fuelband」を発売するなど、センサーを埋め込んだ製品で運動の記録・モチベーションアップを狙う製品に力を入れているようです。

以前レビューをした『Nike+ SportWatch GPS
』も、ランナーにとって必須といっても過言ではない便利なアイテムですが、残念ながら日本のナイキは販売に積極的ではないようで、未だに国内で発売されていません。

今回発表された「Nike+ Basketball」と「Nike+ Training」も国内発売は不明ですが、できる限り早い時期にリリースしてもらいたいところです。

【関連記事】レビュー:GPSでランニングのコース・ペースを記録する『Nike+ SportWatch GPS』