App Storeには様々なタスク管理のアプリが公開されていますが、この『Clear – Tasks & To-Do List App Store』は、これまでにない操作感とコンセプトで注目されている新しいアプリです。

無駄のないユーザーインターフェイスで、日常のタスクやメモなどを簡単に追加し、スワイプ・ピンチ・ドラッグで直感的に管理・操作することができます。

まずは開発元によるデモ動画で、その操作性をご覧ください。

操作の説明に入る前に、このアプリで「できること」と「できないこと」を整理しておきたいと思います。

  • できること
    • タスクの追加・削除
    • 色と順序によるタスクの優先付け
    • タスクをまとめたリストの追加削除
    • 未了タスク数をアイコンバッジで表示
  • できないこと
    • タスクの期限設定
    • タスクの繰り返し
    • バックアップ
    • 外部アプリとの連携

タスクは優先順位の高いものから上から下へと並び、ヒートマップのようなカラーが自動的に割り当てられます。

タスクの順序は、タップ&ホールドしドラッグで変更が可能。

アイテムを追加する際は、画面を下にドラッグして最上部へ、タスクとタスクの間を開くようにピンチアウトすると、その場所に新しいタスクを追加できます。

最下部に追加する場合は、一番したのアイテムの下あたりをタップ。

app_prod_clear_1.jpg app_prod_clear_2.jpg

タスクが完了した際は右にスワイプ。取消線が追加されてグレーになり、リストの最下部に移動します。

削除したい場合は左にスワイプ。

app_prod_clear_3.jpg app_prod_clear_4.jpg

完了したタスクを残しておきたい場合はそのままでも構いませんが、消したいときは画面上方向にドラッグします。

app_prod_clear_5.jpg app_prod_clear_6.jpg

このアプリは、「タスク」と、それを集めた「リスト」、「メニュー」の3層で構成されており、画面をピンチインすると1階層上のレベルに移動できます。

「タスク」の上の階層では、タスクの「リスト」を確認・操作できます。

リストの追加・移動・完了・削除は、上で説明したタスクとまったく同じ操作で行うことができます。

app_prod_clear_7.jpg app_prod_clear_8.jpg

リストの画面でピンチインすると、「メニュー」の層に移動。

ここから、サウンドやバイブの設定、テーマ(配色)などを変更することができます。

app_prod_clear_9.jpg app_prod_clear_10.jpg

テーマはデフォルトの「Heat Map」の他に4種類あり、さらにある条件を満たすとボーナス・テーマが追加されます。

例えば、Twitterクライアント『Tweetbot』がインストールされていると「Tweetbot ★」が、「Follow The [email protected] ★」が有効になります。

また、「Tips & Tricks」には便利に使うためのヒントがあるので、操作に慣れてきたらぜひチェックしておきましょう。

app_prod_clear_11.jpg app_prod_clear_12.jpg

メニューの「Settings」では、サウンド、バイブ、アイコンのバッジの設定を変更できます。

「App Badge」をオンにすると、完了していない全てのタスクの数をアイコンの右上に表示。

「Contextual Badge」をオンにすると、最後に開いていたリストの未了タスク数を表示します。

app_prod_clear_13.jpg app_prod_clear_14.jpg

ユーザーインターフェイスがよく考えられており、使い始めると操作に直ぐに慣れてきて、その気持ちよさを実感できます。

タスク管理は面倒臭さくて苦手、という方にこそ試してもらいたいアプリです。

 

Clear – Tasks & To-Do List App Store
仕事効率化:8.9 MB
価格:¥200
開発:Realmac Software