twitter4_release_0.jpg

Twitterが、iOS向けの公式アプリをアップデート。ユーザーインターフェイスが大幅に刷新されています。

バージョン4.0となる今回のアップデートでは、画面下のタブを、

  • 「ホーム」:タイムライン
  • 「つながり」:@関連、お気に入りやフォローされたアクティビティー
  • 「見つける」:検索、トレンド
  • 「アカウント」:プロフィール、アカウント切替

の4つに別けているのが特徴です。

また、タブのアイコンは、1回目のタップで切替え、2回目でトップへスクロールする機能も備えています。

「アカウント」タブはアイコンを左へスワイプで、直接アカウントのリストへジャンプできます。

twitter4_release_5.jpg

今回のアップデートはiOSに限定したものでなはく、Webブラウザ(PC/スマートフォン)・アンドロイド向けアプリなど、Twitter全体で行われているUIを更新するプロジェクトの一環のようです。

twitter4_release_2.jpg twitter4_release_3.jpg

毎日使っているツールが突然大きく変わったためか、App Storeでの新しいバージョンへ評価は、厳しいものが大半を占めているようです。

twitter4_release_4.jpg

これまでのiPhone版向け公式アプリは、前身となるサードパーティ製アプリ『Tweetie』を元にしており、今回のアップデートはTwitterの他のサービスとの統一性を高める狙いがあるのかもしれません。

Twitterは、初期の頃に比べ機能が増えたことで複雑になりつつあり、統一されたUIは新しくTwitterをはじめるユーザーの敷居を下げることにはなりそうです。