mophie_juice_pack_boost_0.jpg

フォーカルポイントから発売されている薄型・コンパクトなiPhone・iPod用バッテリー『Juice Pack Boost
』を購入してみました。

このバッテリーの特徴をまとめると、

  • 折りたたみ式のDockコネクタを搭載
  • 薄型・コンパクトながら2,000mAhの容量
  • 高出力(1,000mA)による急速充電
  • iPhoneと統一性のあるデザイン

などがあります。

mophie_juice_pack_boost_1.jpg

付属品は、充電用のUSB-microUSBケーブルとマニュアルのみ。

mophie_juice_pack_boost_2.jpg

最大の特徴はこの180回転するドックコネクタ。

iPhone・iPodに直接させるため、ケーブルを持ち歩く必要がありません。

また、使用しないときはコネクタ部分を収納できるので、突起がなくなりスキッリと携帯できるのはもちろん、金属への接触によるショートの心配もありません。

 アップル社が定める「 Made for iPod・iPhone」の認証も受けており、安心して使用できます。

mophie_juice_pack_boost_3.jpg

iPhone 4Sを充電しているところ。

1,000mAの高出力に対応し、一般的なUSBポートよりも高速に充電することが可能。

厚さがほぼ同じため、コネクタ部分に力がかからず安定しています。

2,000mAhの容量があり、完全に放電したiPhone 4Sでテストしたところ、83%まで充電することができました。

計算上は、「残り20%」の警告が出てから使用すると、100%にまで回復できることになります。

mophie_juice_pack_boost_4.jpg

このようにスタンド代わりにしたり、

mophie_juice_pack_boost_5.jpg

縦に置くこともできます。

縦置きは省スペースになりますが、コネクタに負担がかかりそうなので、このままiPhoneを操作するのは控えた方がよさそうです。

ドックコネクタに数ミリの余裕があり、純正のバンパーや薄手のケースであれば、問題なく使用できます。

mophie_juice_pack_boost_6.jpg

バッテリーの充電には付属のケーブルを使用。

手元にある他のUSB-microUSBでも充電できました。

mophie_juice_pack_boost_7.jpg

本体横のボタンを押すと、内蔵されている4つのLEDで残量を表示します。

mophie_juice_pack_boost_8.jpg

iPhone 4Sと重ねたところ。

サイドのメタルバンドやスリットなど、iPhoneと統一性のあるデザインで、一緒にもちあるいても違和感がありません。

厚さは約9mmで、iPhone 4/4s(9.3mm)とほぼ同じです。

mophie_juice_pack_boost_9.jpg

薄型・コンパクトなサイズで、かつケーブルを持ち歩く必要がないため、他のバッテリーに比べて携帯性に優れているというメリットがあります。

フル充電したiPhoneとこの製品があれば、1日存分に使ってもバッテリー切れになる心配はないと思います。

携帯性とデザインを重視するユーザーにおすすめします。

製品名 Juice Pack Boost
製造 Mophie
ショップ アマゾン
/ 楽天市場
サイズ・重量 98 x 56 x 9 (mm)、約75 (g)
出力 定格出力 4.0W
対応機種 iPod touch・iPhone
参考価格 4,500 円 (税込)