epson_ep804a_0.jpg

年賀状シーズンも終わり価格がこなれてきたので、AirPrint対応インクジェットプリンター『EPSON Colorio EP-804A
』を購入してみました。

インクジェットプリンターは、年賀状シーズンに向けて毎年秋頃にほぼ代わり映えのしない新製品が発売されるのが通例となっています。

しかしながら、今年はエプソンとキヤノンがようやくiOSのワイヤレス印刷機能「AirPrint」に対応。iPhone・iPod touch・iPadユーザーにとって利便性が大きく向上しています。

キヤノンおよびHPのプリンターは使用したことがあるので、今回はエプソンの普及モデル『EP-804A
』を購入してみました。

特徴をまとめると

  • iOSデバイスから直接プリントできる「AirPrint」に対応
  • 専用アプリでより細かな印刷設定でプリント
  • ワイヤレスで好きな場所に設置
  • 3色からカラーを選べる

などがあります。

付属品は、マニュアル・電源ケーブル・セットアップ用CD・インクカートリッジとなります。

epson_ep804a_1.jpg

インクは独立した6色のカートリッジを使用。

カートリッジを入れる場所は、本体を開けると右手すぐ手前にあり、交換をスムーズに行えます。

epson_ep804a_2.jpg

本体の電源を差し込む部分が窪んでいるため、壁ギリギリに設置することができます(メンテナンス時は前にずらす必要あり)。

細かいポイントですが、ワイヤレスで置き場所を選ばない分、少しでもスペースを設置スペースを節約できるのは嬉しいポイントです。

epson_ep804a_3.jpg

操作パネルは、2.5インチの液晶と光るタッチパネルで構成。

パネル面は、垂直から水平まで90度向きを変えることができ、見やすい角度に調節することができます。

初期設定も分かりやすく、箱から出して20分程度でワイヤレス印刷をすることができました(内約7分はインク充填待ち)。

epson_ep804a_4.jpg

使ってみて思いのほか便利だったのが、給紙カセットに2種類の用紙をセットできること。

よく使うA4サイズを下のトレイ、L版またはハガキを上のトレイ、というように同時セットしておくことができるので、給紙の手間を省くことができます。

一点注意したいのは、このモデルは両面印刷機能がオプションだということ。

両面印刷を省いたお陰でコンパクトになっていますが、必要な方は別売りユニット(実売2,700円前後)を購入する必要があります。

epson_ep804a_5.jpg

iOSデバイスのユーザーにとっての目玉である「AirPrint」は同じWi-Fiネットワーク内であればとくに設定をすることなく使用できます。

アプリ内から「プリント」を選択し、プリンタと部数を指定するだけで、PCを立ち上げることなく、直接ワイヤレスで印刷できます。

epson_ep804a_7.jpg epson_ep804a_8.jpg

印刷のジョブは、印刷中のみにタスクトレイに現れる「プリント」アプリで確認できます。

epson_ep804a_9.jpg epson_ep804a_10.jpg

また、より詳細に印刷のオプションを設定してプリントしたい場合は、無料で公開されているアプリ『Epson iPrint』を使用します。

Epson iPrint
写真/ビデオ:4.5 MB
価格: 無料

epson_ep804a_11.jpg epson_ep804a_12.jpg

写真印刷の画質は、素人目には十分な美しさに見えます。

もっとも、この価格帯のインクジェットプリンターの画質は、数年前からほぼ変わっていないようですが。

epson_ep804a_6.jpg

スキャナー・コピー・CDラベル・PIctBridgeなど、全てを紹介しきれませんが、メーカーの主力商品だけあり、機能はかなり充実しています。

9月の発売当初の価格(28,000円前後)ではお得感はないもの、現在は2万円前後にまで下げており、コストパフォーマンスも悪くありません。

iPhoneで撮影した写真をさっと印刷できるのはかなり便利なため、iOSデバイスを使うことが多い方におすすめします。

製品名 EPSON Colorio EP-804A
製造 EPSON
ショップ アマゾン
/ 楽天市場
サイズ・重量 445 x 386 x 150 (mm)、約9.1 (kg)
仕様 6色独立インク、CISセンサー・スキャナ
参考価格 20,000 円