icon
icon
screenshot

Philipsの『Vital Signs Camera
icon
』は、カメラを使って脈拍と呼吸数を計測するiPad 2専用のアプリです。

デバイスやカメラに触れることなく、iPadの前でじっとしているだけで自動的に計測されます。

海外のApp Storeで先行してリリースされていましたが、国内でもダウンロードが可能になっています。

計測するには、オレンジの枠に顔が入るようにiPadとの位置を調整し、そのまま動かないようにします。

カメラのキャリブレーション(校正)が自動で始まり、その後測定がはじまります。

測定中は、脈拍と呼吸数の数値およびグラフがリアルタイムで表示されます。

app_health_vital_signs_camera_1.jpg

アプリの解説によると、iPad 2のカメラで捉えた映像を分析し、脈拍による顔面のわずかな色の変化から脈拍を、胸や肩の動きから呼吸数を割り出しているそうです。

app_health_vital_signs_camera_3.jpg

実際に計測をしてみました。

アプリが横方向にした対応しておらず、カメラが左右どちらかになるため、顔を枠に入れるのがちょっと難しいのが難点。

app_health_vital_signs_camera_4.jpg

校正から計測まで10秒程度で終了します。

呼吸数はほぼピタリの値。脈拍は多少の誤差がみられました。 

明るく静かな場所で行うことが推奨されており、より正確に計測するには場所を選ぶようです。

app_health_vital_signs_camera_5.jpg

脈拍や呼吸数を測ることはそれほどありませんが、そのアイデアと技術には感銘を受けるものがあり、「ウソ発見機アプリ」など、他の用途への応用も期待されます。

iPad 2専用のアプリですが、フロントカメラを搭載したiPhoneおよびiPod touchにも対応して欲しいところです。

iPad 2をお持ちの方は試してみてはいかかでしょうか。

タイトル Vital Signs Camera
icon
カテゴリ App Store > 健康&フィットネス
開発 Philips Innovation
対応機種 iPad 2
価格 85 円