ios_501_battery_release_0.jpg

アップルが、バッテリー消費の問題などを修正する「iOS 5.0.1 beta」を開発者向けに公開したと伝えられています。[source: MacRumors

iOS 5の公開後、初めてとなるこのアップデートには、

  • バッテリーの消費に関するバグを修正
  • 初代iPadにマルチタスク・ジェスチャーを追加
  • Documents in the Cloudのバグを修正
  • オーストラリア・アクセントの音声認識の向上
  • セキュリティーの向上

などが含まれているようです。

また、Smart CoverでiPad 2のパスコードを迂回できるバグ、の修正も含まれているようです。

ios_501_battery_release_1.jpg

iOS 5でiPhoneのバッテリー消費が早いことは、国内外のユーザーで話題となっており、発売されたばかりのiPhone 4Sへの不満のひとつにもなっているようです。

少なくともこのアップデートで、ソフトウェア側に問題があることをアップルが認めたことになり、ユーザーの不満解消につながることが期待されます。

またiOS 5では、

  • 差分アップデート
  • Wi-Fiによるワイヤレスでのアップデート

に対応しており、数百MBにおよぶOSファイル全体を毎回ダウンロードする必要がなく、またPCレスでソフトウェアアップデートを適用できる点も注目したいところです。

iOSのアップデートは、開発者向けにベータ版が先行して公開され、検証を経て一般に公開されます。

【関連記事】iPad 2ユーザーはご注意〜ロック画面のパスコードを迂回できるバグがみつかる