icon
icon
screenshot

1948年にノーベル文学賞を受賞したT. S. エリオット氏の代表作に、長編詩「荒地(原題 : The Waste Land)」があります。

第一次世界大戦後の不安を描きだした難解な詩で、20世紀モダニズム詩の金字塔と評されています。

今回ご紹介する『The Waste Land
icon
』は、その「荒地」をiPad用にアプリ化したものです。

単なる電子書籍ではなく、作品を読み解くためのビデオ解説などを多数収録しています。

まずは、開発元の紹介ビデオをご覧ください。

Poem」を選択すると、テキストを表示します。

荒地」は、有名な「四月は残酷極まる月(原文 : April is the cruellest month)」で始まる、5部構成の長編詩です。

いちばん上のタイトル部分をタップして、好きなところから読めます。

app_book_the_waste_land_1.jpgapp_book_the_waste_land_2.jpg

また、ツールバー右から2番目のアイコンをタップしてナビゲーションバーを表示し、サムネールを見ながらスクロールし、テキストを任意の箇所に進めることもできます。

app_book_the_waste_land_3.jpg

ルーペのアイコンをタップし、テキストの検索も可能。

app_book_the_waste_land_4.jpg

もともと800行超あった「荒地」の草稿に、友人でもあったエズラ・バウンド氏が大胆な編集をおこない、現在の形になったことはよく知られています。

本アプリには草稿も収録されており、どのような編集がおこなわれたか知ることができます。

ツールバー中央の書類のアイコンをタップすると、表示中のテキストの草稿を表示します。

また、ホーム画面から「Manuscript」を選択しても見ることができます。

app_book_the_waste_land_5.jpg

iPadを横方向に回転すると、作品の左側に詳細な注釈を表示します。

エリオット氏自身のほか、俳優であり詩人でもあるヴィゴ・モーテンセン氏、女優のフィオナ・ショウ女史等による朗読も収録しており、聞き比べてみてもおもしろいでしょう。

朗読にシンクロしてテキストがスクロールします。

app_book_the_waste_land_6.jpgapp_book_the_waste_land_7.jpg

中でも、フィオナ・ショウ女史による朗読劇は圧巻です。

画面を左右にスワイプすると、早送り/巻き戻しでき、iPadを縦方向に回転すると、画面下部にテキストを表示し、動画とシンクロしてスクロールします。

app_book_the_waste_land_8.jpgapp_book_the_waste_land_9.jpg

そのほか、専門家