softbankbb_tv_tuner_0.jpg

ソフトバンクBBから発売されているiPhone・iPod touch・iPad向けワンセグチューナー『TVチューナー for iPhone/iPad
』を購入してみました。

3年前に発売された『TV&バッテリー
』(レビュー)の2代目にあたる製品で、

  • iPhone 4Sに正式に対応
  • Wi-Fiを使ったワイヤレス接続
  • フル充電で約3時間の視聴が可能
  • スリムで軽量
  • バッテリーの着脱・交換が可能
  • iPhone・iPadだけでなく、iPod touchにも対応
  • Android端末に対応

といった特徴があります。

softbankbb_tv_tuner_1.jpg

パッケージには、本体・バッテリー・充電用ケーブル・取扱説明書が含まれています。

softbankbb_tv_tuner_2.jpg

サイズはiPhone 4・4Sよりもひと回りコンパクトな92 x 52 (mm)。

softbankbb_tv_tuner_3.jpg

厚さは12mmとiPhone 4・4Sよりもあるものの、薄型なのでポケットやカバンに入れておいても邪魔になりません。

softbankbb_tv_tuner_4.jpg

表側は光沢のある樹脂製で背面はつや消し。側面にiPhone 4を模したようなバンドがあり、デザイン上のアクセントになっています。

手前の丸い部分を引っぱると、3段階に伸びるロッドアンテナが出現します。

softbankbb_tv_tuner_5.jpg

ボタンは側面の電源のみ。設定は全て後述するアプリから行います。

電源オンは短く、オフにするときは3秒以上長押しします。

ボタンの左にある穴は、トラブルなどで設定を初期化したい場合に使うリセットスイッチです。

softbank_tv_tuner_6.jpg

バッテリーパックは、裏蓋をスライドさせて着脱・交換します。

本体に1つ付属していますが、オプション(2,680円・税込)で追加購入することも可能。

softbank_tv_tuner_8.jpg

本体への充電は、下部のカバーを外して行います。

端子は最近主流になりつつあるmicroUSBではなくminiUSBです。

スペックによると、充電に要する時間は約2時間40分。使用しながら充電することもできます。

softbank_tv_tuner_7.jpgsoftbank_tv_tuner_9.jpg

本体のステータス表示は、バッテリー残量・受信状況・Wi-Fi接続状態を独立したランプで表示。

softbank_tv_tuner_12.jpg

番組の視聴には、App Storeで無料で配布されているアプリ『TVチューナー
icon
』をインストールしておく必要があります。

Wi-Fiがオンになっている状態でアプリを起動すると、周囲のTVチューナーを探し、自動で接続を行います。

初代ではペアリングなどの面倒な設定が必要でしたが、電源を入れてアプリを立ち上げるだけになったのは朗報。

初回接続時のみ、チューナーのパスワードを設定する必要があります。

softbank_tv_tuner_14.jpg softbank_tv_tuner_15.jpg

チャンネルの設定は、電波のスキャンを行うか、住んでいる地域を指定するだけで完了。

softbank_tv_tuner_16.jpg softbank_tv_tuner_17.jpg

アプリを起動すると、現在放送中の番組の情報を表示。説明文をタップするとそのチャンネルに切り替わります。

softbank_tv_tuner_18.jpg softbank_tv_tuner_19.jpg

画面は縦・横どちらにも対応。

softbank_tv_tuner_20.jpg

画面をタップすると操作パネルが表示されます。

画面上には、現在観ていチャンネルと番組名。電波の受信状況とバッテリー残量も確認できます。

画面下矢印はチャンネルの戻り・送り。キャプションの表示切換えも行えます。

赤い丸をタップすると現在観ている番組を録画します。タイマー録画には対応していません。

softbank_tv_tuner_21.jpg

比較のため旧モデル(右)と並べてみました。

サイズ的にほとんど変わりません。

softbank_tv_tuner_10.jpg

厚みは、旧モデル(右)にあった外部バッテリー機能が削除されたこともあり、かなりスリムになっていることがわかります。

受信感度の向上はあまり実感できませんでしたが、全体的にレスポンスが速くなっているように感じました。

softbank_tv_tuner_11.jpg

iOSデバイスのワンセグチューナーでは、Dockコネクタに直接挿す『ちょいテレi
』(レビュー)が人気ですが、これから購入を予定しているのためにメリット(デメリット)をまとめると、

  • 本製品
    • iPhone 4Sに対応
    • カバンやポケットに入れたままでも使える
    • ケース・カバーとの干渉を気にする必要がない
    • 部屋の中で一番電波の届く場所に置ける
    • 視聴するデバイスのバッテリーを消費しない
  • Dock直挿し型(ちょいてれi)
    • iPhone 4Sに非対応
    • 設定不要で挿すだけで使える
    • 充電忘れの心配がない
    • さらに軽量&コンパクト
    • 実売価格が安い(5,000円程度)

となります。

両者ともにiPadに対応していますが、ワンセグの画質を引き延ばすことになり、当然ながら近くで観ると粗さが目立つことになります。

softbank_tv_tuner_13.jpg

ワンセグの画質、受信感度やチャンネル切換えの速度などを考えると、メインのテレビとして使うには役不足なのはいうまでもありません。

その一方で、外出時のニュース・スポーツのチェックや災害時の情報収集用と考えれば、手元にあると重宝するアイテムかもしれません。

【関連記事】レビュー:設定不要〜挿すだけでiPhone・iPadをワンセグ対応にする『バッファロー ちょいテレi』

製品名 TVチューナー for iPhone/iPad
対応機種 iPhone 3GS・4・4S、第3・4世代 iPod touch、iPad 初代・2 (iOS 4.0以上)
製造 SoftBank BB
ショップ アマゾン
/ 楽天市場 / SoftBank SELECTION
サイズ・重量 52 x 92 x 12 (mm)、約70 (g:バッテリー含む) 
参考価格 8,980 円 (税込)