apple_2011_fall_event_20.jpg

アップルが、日本時間10月5日未明に開催したイベント「Let’s Talk iPhone」のハイライト前編に続く後編です。

iPodシリーズのリフレッシュはフィル・シラーが担当。

iPod nanoを更新し、スワイプで操作できる大きなアイコンのUI、センサー無しでランニングの記録ができる機能、時計のスキンなどを追加。

価格を改訂し、8GBで10,800円というかなりリーズナブルな設定。

apple_2011_fall_event_21.jpg

iPod touchは新色ホワイトを追加し、ハードウェアの更新は無し。

8GBモデルの値段を引き下げ、円高による調整も合わせると、国内価格は20,900円から16,800円へと.約20%の値下げ。

オンラインストアで発売済み。10月12日から発送の予定。

apple_2011_fall_event_22.jpg

期待されていたiPhoneの新モデルは「iPhone 5」ではなく「iPhone 4S」。

apple_2011_fall_event_23.jpg

デュアルコアプロセッサー「Apple A5」を搭載し、処理速度が最大で2倍に。

グラフィクスもデュアルコアとなり、最大で7倍の高速化を実現。

apple_2011_fall_event_25.jpg

Epic Gamesによる「Infinity Blade II」のデモ。12月1日発売。

apple_2011_fall_event_24.jpg

高速なプロセッサーは消費電力が犠牲になるが、iPhone 4とほぼ同じバッテリー性能を維持。

apple_2011_fall_event_26.jpg

アンテナを改良し、2つのアンテナを切換えながら送受信する技術を開発。

apple_2011_fall_event_27.jpg

HSDPAでのアップリンク・ダウンリンクの理論上の速度を比較したグラフ。

apple_2011_fall_event_28.jpg

GSMとCDMAの両方のネットワークに対応。海外旅行などでのローミングがより便利に。

apple_2011_fall_event_29.jpg

カメラは8Mピクセルにアップグレード。解像度は3264 x 2448に。

裏面照射型CMOSを採用し、ピクセルあたりの光量を73%アップ。

apple_2011_fall_event_30.jpg

レンズは5群を採用。f/2.4の明るいレンズで、暗い場所でのパフォーマンスが向上。

apple_2011_fall_event_31.jpg

顔認識に対応し、被写体の中の顔を最大10人まで認識し露出を調整。

apple_2011_fall_event_32.jpg

高速なプロセッサーにより、競合する端末を圧倒する速さで撮影が可能。

1枚目の写真を撮るまでに要する時間を比較したグラフ。

apple_2011_fall_event_33.jpg

動画撮影が1080pに対応。

ジャイロとISPによるリアルタイムの手ぶれ補正機能で、軽いカメラでありがちな失敗を抑制。

Apple TVを使ったAirPlayミラーリング、1080pの外部出力に対応。

apple_2011_fall_event_34.jpg

iPhone 4Sの最大のシークレット機能「Siri」を発表。

apple_2011_fall_event_35.jpg

スコットによるデモ。

音声認識を聴衆の前でデモをすることはリスクが伴いますが、自信たっぷりに実演をいくつも行います。

「Siri」は音声を認識するだけなく、質問の意味を理解して返答。

apple_2011_fall_event_36.jpg

どんな質問にも答えるわけではなく、純正アプリやYelp、Wikipedia、Wolfram Alphaなど、連携するサービスに関するものに限定されるようです。

apple_2011_fall_event_37.jpg

現在のところベータのステージ。

言語は英語(米国・英国・オーストラリア)、フランス語、ドイツ語にのみ対応。

デモをみる限りかなり便利な機能のようで、日本語の対応が待ち遠しいところ。

apple_2011_fall_event_38.jpg

iPhone 4Sは、日本を含む7カ国で10月14日に発売。

iPhone 4、iPhone 3GSの8GBモデルも販売(国内では未確認)。

apple_2011_fall_event_39.jpg

イベント開催前の予想記事はこちら。

【関連記事】10月4日深夜のイベント「Let’s Talk iPhone」で、アップルが発表すること・しないこと