jobs_met_father_0.jpg

ジョブズ氏は生前実父に会ったことがないとされていましたが、実は対面していたという新しい事実が伝えられています。

CBSのドキュメンタリー「60 Minutes」で、ジョブズ氏の伝記を執筆した作家・ ウォルター アイザックソン氏が明らかにしたもので、実父との対面の様子が語られています。

養子として育ったジョブズ氏は、自らの両親を探して実母およびその娘(ジョブズ氏の妹)と面会。

作家である妹、モナ・シンプソンと意気投合し実父を探しあてるが、既に有名人となっていたジョブズ氏自身のことは隠し、妹ひとりで実父との面会に行かせたとのこと。

モナは、実父が経営するコーヒーショップで初対面し、その父は彼女に次のように語ったそうです。

“実父:もっとはやくお前に会いたかった。以前は(コーヒーショップではなく)大きなレストランを経営していたんだよ。スティーブ・ジョブズだって食べにきたことがあるくらいの。

モナ:スティーブ・ジョブズはあなたの息子なのよ!”

アイザックソン氏はジョブズ氏とのインタビューをテープに録音しており、ジョブズ氏の声で、

“ジョブズ:そのレストランで1、2度食べたことがある。シリア人のオーナーと会い、握手をしたことがある”

と語る様子が、下の動画(Part 2)に収められています。

お互いのことを知らず実は対面していたという、まるでドラマのような話に驚かされます。

【リンク】CBS News – 60 Minutes 

アイザックソン氏は、伝記の執筆にあたりジョブズ氏本人と40回ものインタビューを行ったとされ、番組では語られていない様々なエピソードが綴られているに違いありません。

アイザックソン氏の著書『スティーブ・ジョブズ
』は、本日10月24日に発売されます(一部書店では25日以降)。