itunes_105_release_0.jpg

アップルが、iTunesの新しいバージョン「10.5」の公開を開始しています。

このバージョンの公開は、10月12日に公開が予定されている「iOS 5」「iCloud」への対応が主な目的で、リリースノートによると、

  • iTunes in the Cloud。iTunes で購入した音楽およびテレビ番組は、iCloud に保存されるため、お使いのデバイスで、いつでも、どこでも、楽しむことができます。しかも無料です。
    • 自動ダウンロード。デバイスやコンピュータから音楽を購入すると、その音楽のコピーがお使いの PC および iOS デバイスに自動的にダウンロードされます。
    • 以前に購入した項目をダウンロード。過去に購入した音楽、テレビ番組、App、およびブックを無料で再度ダウンロードできます。以前に購入した項目が iTunes Store にない場合は、ダウンロードできない可能性があります。
  • iOS 5 搭載の iPhone、iPad、および iPod touch と同期。
  • Wi-Fi で同期。同じ Wi-Fi ネットワーク上にある場合は、お使いの iPhone、iPad、または iPod touch を iTunes と Wi-Fi 経由でいつでも同期できます。

といった機能が追加される、とあります。

一方で、iTunes 10.5で日本のストアを選択すると、「環境設定」>「ストア」にある「自動的にダウンロード」の項目に「ミュージック」が表示されず、国内ではこの機能が制限されている可能性もあります。

itunes_105_release_1.jpg

iTunes 10.5は無償でダウンロードできます。

いちはやく「iOS 5」「iCloud」を試したい人は、ダウンロードして準備しておいた方がいいかもしれません。

【リンク】Apple – iTunesをダウンロード