icon
icon
screenshot

INStan Pocket
icon
』は、アナログ感覚で遊ぶことができるトイデジタルカメラアプリです。

8種類のエフェクトを搭載し、エフェクトの濃度・彩度なども調整できるので、さまざまな雰囲気の写真を撮れます。

慣れるまでに少し時間がかかるかもしれますが、使えるようになると手放せなくなる楽しいアプリです。

アプリを起動すると、すぐにカメラ画面になります。

トイデジタルカメラらしい遊び心のある独自の画面で、左下の「Resolution」で解像度を2種類から選択できるようになっています。

右下のカメラアイコンのボタンをタップして撮影すると、「Low-Res」を選択している場合には、写真をそのままカメラロールに保存。

Hi-Res」を選択している場合には、一度プレビューを表示し、「Save」をタップするとカメラロールに保存されます。

プレビューの表示/非表示については、次期バージョンで解像度にかかわらずユーザーが選択できるようになる予定です。

app_photo_instan_pocket_1.jpg app_photo_instan_pocket_2.jpg

Color」をタップすると加工サンプルを表示し、使用するエフェクトをスワイプで切り替えられます。

app_photo_instan_pocket_3.jpg app_photo_instan_pocket_4.jpg

Tone」をタップすると4つのスイッチを表示し、エフェクトの濃度や彩度の変更が可能です。

簡単に説明すると、「LEVEL」はエフェクトの濃度を調整するもので、マイナスになるほど濃度を下げることができます。

VIVID」は彩度を調整するもので、プラスになるほど本来の色が壊れ、トイデジ感が増します。

BLUR」は写真をノスタルジックに仕上げるためのぼかしですが、全体の輪郭を自然な感じでぼかす「T(Toy Digi Blur)」とミニチュア風の「M(Miniature Blur)」が用意されています。

FRAME」も、上に見た四辺が白いフレームと、下のような黒いフレームの2種類があります。

app_photo_instan_pocket_5.jpg app_photo_instan_pocket_6.jpg

デフォルトでは、スクエアフォーマットでの撮影になっていますが、標準フォーマットでの撮影も可能です。

左にスワイプすると回転してカメラの前面に切り替わるので、右下の「FORMAT」でフォーマットを選択します。

標準フォーマットを選択した場合にも、ファインダーは正方形のままなので、被写体の中心をうまく合わせて撮影する必要があります(撮影後のプレビューは、標準フォーマットで表示されます)。

FORMAT」の隣りには、3秒間のセルフタイマースイッチも用意されています。

app_photo_instan_pocket_7.jpg app_photo_instan_pocket_8.jpg

モノクロ系エフェクトも3種類搭載しています。

MONITOR」をタップして一度モニタを外し、モノクロのモニタに取り替えることでエフェクトを利用可能になります。

app_photo_instan_pocket_9.jpg app_photo_instan_pocket_10.jpgapp_photo_instan_pocket_11.jpg app_photo_instan_pocket_12.jpg

市販されているトイデジタルカメラの中には、ファインダーがないものもありますが、『INStan Pocket
icon
』もモニタを外した状態「Finderless Mode」で撮影可能です。

専用のエフェクトが用意されており、まれに下のようなライト・リーク(光漏れ)を起こすように設計されています。

Finderless Mode」では、「High-Res」を選択していてもプレビューを表示しません。

app_photo_instan_pocket_13.JPG

ここからは、応用編です。

INStan Pocket
icon
』では、「タップ・トゥ・フォーカス」機能を使用できませんが、ファインダーの右側に「ホワイトバランス (WB)」、「露出 (EX)」、「フォーカス (AF)」をロックするボタンを備えています。

本来はマニュアル的に撮影するための機能ですが、うまく使うことでおもしろい写真の撮影が可能です。

ホワイトバランス」は、さまざまな色温度の光源の下で白色を正確に映し出そうとする機能で、iPhoneの内蔵カメラは自動追跡でホワイトバランスを調整します。

これを「WB」ボタンを使ってロックすることで、意図的に正常に白色を出さないようにできます。

下の例は、赤いところでホワイトバランスをロックして撮影したものですが、実際よりも青みを帯びた光景が映し出されているのがよくわかります。

app_photo_instan_pocket_14.jpg app_photo_instan_pocket_15.jpgapp_photo_instan_pocket_16.jpg app_photo_instan_pocket_17.jpg

同様に、暗いところで露出をロックすることで、明るすぎる写真を撮影したり、近くのものを映し出した状態でフォーカスをロックすることで、アプリの加工に頼らないボケを作り出すことが可能になります(フォーカスロックは、iPod touch 第4世代では使用できません)。

app_photo_instan_pocket_18.jpg app_photo_instan_pocket_19.jpg

いちばん下にある「MX」ボタンは、多重露光撮影を可能にするものです。

MX」ボタンをタップして撮影すると、最後に撮影した写真に重ねて加工されます。

app_photo_instan_pocket_20.jpg app_photo_instan_pocket_21.jpg

最後に解像度ですが、スクエアフォーマットで低解像度の場合は480×480ピクセル、高解像度の場合は900×900ピクセルです。

標準フォーマットで低解像度の場合は640×448ピクセル、高解像度の場合は1200×840ピクセルになります。

初めての方も、かつてトイデジタルカメラを使っていた方も、iPhoneをトイデジタルカメラにして遊んでみてはいかがでしょう?

きっと楽しみながら、なにげない今を撮影できるはずです。

タイトル INStan Pocket
icon
カテゴリ App Store > 写真
開発 MorokoshiMan
対応機種 iPhone・iPod touch (iPad互換)
価格 170 円