steve_jobs_biography_japanese_4.jpg

先日CEOの職を退き、取締役会長・ディレクターへ就任したスティーブ・ジョブス氏公認の伝記の日本語翻訳版が、2011年11月21日に出版されることが決定しました。[source: 講談社 ]

英語版の出版が約3ヶ月半ほど早い2011年11月21日に前倒しされたことは既にお伝えしましたが、日本語翻訳版もそれに遅れることなく同日に刊行されます。

CEOを退いたことで、各所でこのカリスマ経営者の業績についての記事を読むことができますが、この伝記は、

  • スティーブ・ジョブスが公認 
  • 40回におよぶジョブス本人とのインタビュー
  • アップル上層部・家族・親友へのインタビュー
  • 伝記で有名なWalter Isaacsonが執筆

など、これまで明らかになっていない、彼の実像に迫る作品として注目されています。

steve_jobs_biography_japanese_0.jpg

原書が448ページにものぼるため、日本語版は上下巻に別けて発売されるようです。

米国では『iBooks』上で電子書籍版を予約・購入ができますが、残念ながら国内では「紙」の書籍のみとなります。

価格は現在のところ未定。

予約はまだ開始されておらず、アマゾンのページで登録しておくと、予約開始時にメールでお知らせを受け取ることができます。

steve_jobs_biography_japanese_3.jpg

スケジュールを早めたことにより、邦訳版の発売が遅れることが懸念されていましたが、同時に発売されることは、日本の読者にとって嬉しいニュースではないでしょうか。