icon
icon
screenshot

Photo Toaster
icon
』は、センスのいいエフェクトを多く備えた画像編集アプリです。

適用したエフェクトをさらに微調整することが可能で、オリジナルのエフェクトを作成し、プリセットとして登録することができます。

内蔵カメラで撮影、写真アルバムから読み込んだ画像のほか、Facebookにアップロード・クリップボードにコピーした画像を読み込んで扱うことができます。

ここでは、写真アルバムから読み込んだ写真を使用しています。

app_photo_phototoaster_1.jpg app_photo_phototoaster_2.jpg

ツールバーのアイコンにエフェクトがまとめられており、タップすると効果をサムネールで表示します。

ツールバー左から2つ目のアイコン(Lighting)には、照明を調整するエフェクトがまとめられており、サムネールをタップするだけで瞬時に画像に適用されます。

左上のスライダーのアイコンをタップして、適用したエフェクトの露出や色温度などを微調整可能です。

app_photo_phototoaster_3.jpg app_photo_phototoaster_4.jpg

同様に中央のアイコン(Effects)には全体的なエフェクトが、右から2つ目のアイコン(Vignette)には周辺減光を調整するエフェクトが登録されており、それぞれ適用したエフェクトの微調整が可能です。

app_photo_phototoaster_5.jpg app_photo_phototoaster_6.jpg

いちばん右のアイコンは、画像に縁をつけるものです。

こちらは微調整するのではなく、スライダーで縁の種類を切り替えられるようになっています。

app_photo_phototoaster_7.jpg app_photo_phototoaster_8.jpg

いちばん左のアイコンには、グローバルプリセットとして多くのエフェクトが用意されています。

ボタンをタップすると、「Basic」「Deluxe」「Supreme」「My Presets」をカテゴリを切り替えられます。
My Presets」には、「Add New…」をタップして、自分が編集したエフェクトに名称を設定し、プリセットとして登録することが可能です。

登録したエフェクトを削除する場合には、サムネールをタップ&ホールドします。

また、端末を振るとランダムにエフェクトがかかります。

画像をタップ&ホールドすると、エフェクト適用前の画像を表示し、適用後と比較することもできます。

app_photo_phototoaster_9.jpg app_photo_phototoaster_10.jpgapp_photo_phototoaster_11.jpg app_photo_phototoaster_12.jpg

画面上部にはトリミング用のアイコンが備わっています。

切り抜く範囲をドラッグして指定するのではなく、画像をピンチアウトして指定するようになっています。

画像を保存するには、左上のフロッピーディスクのアイコンをタップ。

オリジナルと同じ解像度でカメラロールに保存できるほか、TumblrFacebook・メール・SMSで共有することもできます。

app_photo_phototoaster_13.jpg app_photo_phototoaster_14.jpg

ユニバーサルアプリで、iPhone・iPadのどちらでも使用できます。

iPadのほうがiPhoneよりも多くのサムネールを表示できるので、使用するエフェクトを選びやすいでしょう。

iPad 2では、内蔵カメラで撮影した写真も読み込めます。

app_photo_phototoaster_15.jpg

サムネールを表示するため、効果がわかりやすいです。

標準で用意されているエフェクトはいずれもセンスのいいものですが、さらに調整してオリジナルのエフェクトを作る楽しみもあります。

タイトル
Photo Toaster
icon
カテゴリ App Store > 写真
開発 East Coast Pixels, Inc.
対応機種 iPhone・iPod touch・iPad (ユニバーサル)
価格 250 円