iphone5_case_leak_0.jpg

iPhoneの次期モデル「iPhone 5 (仮称)」用の保護ケースとされる画像が公開されています。[source: 9to5Mac ]

画像には、シリコン(レッド)とハード(グリーン)の2種類が写っており、現行のiPhone 4用ケース(ピンク)と並べて比較したものも含まれています。

情報提供者の証言および画像から読み取れることをまとめると、

  • iPhone 4より薄型化
  • 第4世代iPod touchのような背面のカーブ
  • タテ・ヨコともに拡大
  • サウンド・オン/オフのスイッチが右側に移動

などの特徴があるようです。

下の画像は、iPhone 4用シリコンケース(ピンク)と比較したもの。

iphone5_case_leak_2.jpg

証言によるとケースのサイズは5.0インチx2.8インチとされ、シリコンの厚さを1mmと仮定すると、本体のサイズは、

  • タテ:115.1 mm → 125.0 mm
  • ヨコ:58.6 mm → 70.1 mm

へとそれぞれ拡大することになります。

角度が悪く比較が難しいものの、正面方向から比べた画像がこちら。

iphone5_case_leak_1.jpg

この仮定に基づき作成したイメージ画像がこちら。画面は最近の目撃証言を参考に、3.5→4.3インチに拡大しています。

iphone5_case_leak_3.jpg

連日のように信憑性の不確かなリーク情報が流れるなかこの情報が興味深いのは、サイズの変更もさることながら、サウンド・オン/オフのスイッチが右側に移動しているという点です。

秋に公開される予定の「iOS 5」では、ボリュームのプラス(+)ボタンをカメラのシャッターとして使えるため、(+)ボタンが一番右側あった方が、指で探しやすく理にかなっているからです。

ios5_new_functions_10.jpgのサムネール画像

iPhone 5の発売時期については諸説あるものの、ケースのリーク、メーカによるアクセサリーの在庫処分、ソフトバンクによるキャンペーンなどが、そのヒントになることも多いようです。

【追記】上海に拠点を置くサイトM.I.C.Gadgetによると、中国では既に「iPhone 5用ケース」がいたることろで売られているそうです。

iphone5_case_leak_4.jpg

【関連記事】