iphone4_sliding_keyborad_vertical_0.jpg

縦方向にスライドするキーボードを内蔵したiPhone 4専用のケース『Sliding Keyboard Case
』を購入してみました。

これまでにもスライド式のキーボードを内蔵したケースを2つレビューしていますが、本体を横にして使用することが前提で、使用できるアプリが限られるという問題がありました。

この製品は「縦方向」にスライドするため、ほぼ全てのアプリでの入力で利用できる、というメリットがあります。

iphone4_sliding_keyborad_vertical_1.jpgのサムネール画像

備品はUSB-microUSBのケーブルのみ。これで内蔵されているバッテリーを充電します。

iphone4_sliding_keyborad_vertical_2.jpg

ケースの背面がスライドし、本体下方向にキーボードが出現する仕組みを採用。

スライド機構にはバネが使われ、開閉する際は「スッ」と出て「ピタッ」と止まります。

iphone4_sliding_keyborad_vertical_3.jpg

iPhone 4に装着してみたところ。

ケースの部分は一般的な薄型タイプと変わりません。

カメラの周囲も大きく開口しているので、撮影時に移り込むことはありません。

iphone4_sliding_keyborad_vertical_4.jpg

横からみたところ。

スライド機構とキーボードにより、厚さは約19mmほどになります。

iphone4_sliding_keyborad_vertical_5.jpg

本体下からみたところ。

写真では確認し辛いですが、ペアリングボタン、充電用のmicroUSB端子、電源スイッチが並びます。

Dockコネクタ周りも大きく開口しているので、アクセサリー類を挿す場合にも干渉しないはずです。

iphone4_sliding_keyborad_vertical_6.jpg

ペアリング手順は標準的Blutoothキーボードと変わりません。

キーボード側のペアリングボタンを押し、iPhoneの「設定」>「一般」>「Bluetooth」でデバイス名をタップ。

画面に表示される4桁のPINコードをキーボードで入力すればOKです。

iphone4_sliding_keyborad_vertical_11.jpg iphone4_sliding_keyborad_vertical_12.jpg

おまけとして、動画鑑賞などに使えるスタンドが内蔵されています。

iphone4_sliding_keyborad_vertical_7.jpg

キートップは硬質の樹脂製で、中央が盛り上がっており、押し間違いを軽減してくれます。

キーを押すと「ポチッ」という感触があり、安っぽさはないものの、キーの横幅が6mmと狭く、指の腹を使うと隣のキーまで押しそうになります。

指の先端(爪で押すようなイメージ)を使うのがコツのようですが、iPhoneのバーチャルキーボード(縦方向のQWERTY)での入力が困難な方にはおすすめできません。

iphone4_sliding_keyborad_vertical_8.jpg

キーボードはiOSに対応した設計で、

  • ホームボタン
  • キーボードの言語(英語・日本語など)の切り替え
  • バーチャルキーボードを表示/隠す
  • 輝度の調節
  • 音量の調節
  • iPodの操作

などをキーボードから行えます。

iphone4_sliding_keyborad_vertical_9.jpg

内蔵のバッテリーは約180mAhで、約4時間で充電が完了します。

iphone4_sliding_keyborad_vertical_10.jpg

やはりこの製品の最大の特徴は、なんといっても、iPhoneを縦方向で使用できること。それにより、ほとんどのアプリで使