ios_435_0.jpg

アップルが、iPad・iPhone・iPod touch向けに、ソフトウェアアップデート「iOS 4.3.5」を公開。無料での配布を開始しています。

iOS 4.3.5」は、証明書の検証に関するセキュリティの脆弱性を修正するもので、新しい機能は追加するものではないようです。

前回(4.3.4)からわずか10日という短さでのアップデートとなりますが、セキュリティー関連のアップデートは重要なため、できるかぎり早く作業を行うようにしましょう。

アップデートの対象は、

  • iPhone 4
  • iPhone 3GS
  • iPod touch (第4世代)
  • iPod touch (第3世代)
  • iPad 2
  • iPad

となります。

ソフトウェアのアップデートは、数百MB(iPhone 4の場合で666.6MB)あるファームウェアのダウンロード、バックアップなどを含み、予想以上に時間がかかる場合があります。時間に余裕を持って行うようにしましょう。

秋に公開が予定されている「iOS 5」では、変更箇所のみをダウンロードしてインストールする、「差分アップデート」が導入されるため、作業時間が短縮されることが予想されます。

ソフトウェア・アップ
デートの手順

まず、iTunesのバージョンが最新であることを確認します。

iTunesのインストールされたPC/Macに接続し、iTunesの「バージョン」のセクションにアップデートの情報があることを確認した上で、「アップデート」のボタンを押します。

ios_41_release_3.jpg

指示に従って進むと、アップデート・ソフトウェアのダウンロード、バッックアップ、インストールが自動的に行われます。

ios_435_1.jpg