eneloop_mobile_booster_comarison_0.jpg

先日、「エネループ モバイルブースター (モバブー)」が、新製品発表にともない大幅に値下げされていることをお伝えしました。

9月の新製品発売を待つか、値下がりしているものを買っておくべきか、という判断が難しいところなので、スペックの比較をしてみました。

「モバブー」シリーズには、今回比較する5,000mA級の大容量モデルを半分にしたものもラインナップされていますが、値下がり幅が大きくないため、比較からは除いています。

また、「モバブー」の新旧モデルに加え、先月パナソニックが発売した、「モバブー」を無接点充電に対応させた製品も比較に加えました。

【注】iPhone・iPod touchでは、本体横にしてご覧ください。

製品名 eneloop
KBC-L2BS
eneloop
KBC-L54D
Panasonic
QE-PL201
容量 (mAh) 5,000 5,400 5,400
出力 (5V・mA) 1,000 1,500 1,500
充電時間 AC (h) 7 7 7
充電時間 USB (h) 14 14 14
充電時間 無接点(h) 非対応 非対応 7
出力端子 USB x 2 USB x 2 USB x 2
充電端子 miniUSB/AC microUSB/AC microUSB/AC
インジケータ LED 1色 LED 3色 LED 3色
サイズ (mm) 62 x 70 x 22 62 x 70 x 22 63 x 70 x 24
重さ (g) 130 142 150
カラー W W B/W
発売日 2010/10/21 2011/9/8(予定) 2011/6/24
参考価格 (記事掲載時) 3,616円 4,980円(予約) 4,300円

新モバブーとパナソニックは、無接点充電機能を除けば中身はほぼ同じで、容量が8%、出力が50%アップしたほか、インジケーターがより見やすい3色になっています。

出力の差は、iPadの充電速度に影響するとされ(要検証)、iPadユーザーならばより大きいものを選びたいところです。

9月の発売まで待てない、予算をなるべく抑えたいという場合は、安いうちに旧モバブーを買っておくという選択もあります。

しかしながら、表をみてのとおり、一番のおすすめはパナソニックでしょう。

無接点充電の知名度の低さなどから、発売後間もないにも関わらずかなり値下がりしています。

充電パッドなしでも、モバブーと同じようにUSB/ACで充電できるので、若干サイズ・重量が増すものの、とりあえずパナソニックを選んでおけば後悔することがありません。

無接点充電がいかに便利かは、こちらのレビューをご参照ください。

夏のイベント、旅行用などにバッテリー購入を検討している方の参考になれば幸いです。

【関連記事】