fake_apple_store_0.jpg

iPhoneからガンダムまで、あらゆるものがコピーされる中国で、こんどは「偽アップルストア」が次々と出現しているようです。[source: BirdAbroad via Gizmodo ]

画像が撮影されたのは、中国南部雲南省昆明市の「ストア」で、店内のインテリアやディスプレイを観る限り、アップルストアと変わらないようにみえます。

fake_apple_store_1.jpg

螺旋階段や壁に飾られたiPodのポスターなどもあり、雰囲気はアップルストアそのもの。

fake_apple_store_2.jpgfake_apple_store_3.jpg

働いている店員は、お揃いのアップル・ロゴ入りT-シャツにネームタグを首から下げ、フレンドリーな接客(?)もいかにもアップルといった印象です。

fake_apple_store_4.jpg

しかしながら、アップルのサイトによると、中国にあるアップルストアは、北京に2つ、上海・香港にそれぞれ1つ、合計で4店舗しかないことになっています。

つまり、よくできた「偽アップルストア」という訳です。

この画像を撮影した旅行者によると、客はもちろんのこと、中で働く店員ですら、この店がニセモノだと気づいていないようだ、とのこと。

よくよくみてみると、「Store」のスペルが間違っていたり、古い製品のポスターが貼られているなど、正規ではないと判る「ヒント」がいくつもあるようですが、気づかない人がほとんどかもしれません。

fake_apple_store_5.jpg

このような店は珍しいわけでなく、10分で歩ける範囲に同様の「ストア」がさらに2店舗あったそうです。

画像でみる限り、扱っている製品はアップル製のようですが、中国でアップル製品を買うときは、気をつけた方がよいかもしれません。