appletv_bluetooth_supoort_rumor_0.jpg

この秋にリリースが予定されている「iOS 5」では、Apple TVでキーボードなどのBluetooth機器が利用可能になる可能性があるようです。[source: 9to5Mac ]

第2世代の『Apple TV
』(レビューはこちら)には、Bluetooth機能もつBroadcom社製のチップが内蔵されていることが、iFixitの分解などで明らかになっていますが、いまとのころ利用可能になっていません。

appletv_bluetooth_supoort_rumor_2.jpg

ところが、元記事によると、現在開発者向けに公開されている「iOS 5 ベータ」の中に、Apple TVでのBluetoothの接続に関するメッセージが発見されたようです。

Apple Wireless Keyboard」やペアリングに関するものが含まれており、Bluetooth機能を利用することを想定したものと考えられます。

appletv_bluetooth_supoort_rumor_4.jpg

ご存知のように、昨年アップルは、鳴かず飛ばずだった初代Apple TVを刷新し、iOS 4および「Apple A4 チップ」をベースするなど、大きな方向転換を行っています。

しかしながら、部品とOSを共通化することによるコスト削減には成功したものの、そのポテンシャルがほとんど生かされていません。

AirPlayや「iOS 5」に搭載予定のミラーリングなどが、機能が徐々に追加されつつありますが、App Storeが開始される前のiPhone・iPod touchと同じ状況という印象を受けます。

appletv_bluetooth_supoort_rumor_3.jpg

iOSデバイスの爆発的な普及は、サードパーティ開発者による豊富なアプリが大きな要因であり、Apple TVを単なる「ホビー」で終わらせないためには、今後アプリ開発の門戸を開くことは間違いなさそうです。

ベータ版に含まれているコードが必ずリリースされる訳ではありませんが、Bluetooth機能の有効化が、サードパーティ製アプリ有効化への布石であることを期待したいところです。

【関連記事】