iphone5_concept1_0.jpg

iPhoneの次期モデル「iPhone 5 (仮称)」のデザインを予想したコンセプト画像が公開されていました。[source: Yanko Design ]

これまで流れた噂・情報によると、アップルが「iPhone 5」でデザインを大きく変更する可能性があり、一体どのような外観になるのか注目されます。

これらのコンセプト画像は、デザイナーのMichal Bonikowski氏が作成したもので、もちろんAppleによるものではありません。

iphone5_concept1_1.jpg

サイド・本体は、現行モデルのデザインを踏襲し、ステンレスのフレームを残しつつ、よりスリムになっています。

iphone5_concept1_2.jpg

バックパネルは、現行の強化ガラスからアルミに変更されると予想。

アンテナ類は、上の黒い窓とアップルロゴに埋め込まれるかもしれません。

iphone5_concept1_3.jpg

液晶面では、現行モデルに比べて画面周囲のフレームが狭くなっているようです。

iPhone 5」では、画面サイズが3.5インチから4.0インチへと拡大される、との情報を反映したものかもしれません。

iphone5_concept1_4.jpg

ひとことで言えば、「iPad 2とiPhone 4を足して2で割ったようなデザイン」、といった印象を受けます。

「iPhone 5」のコンセプト画像が公開されるのは、これが初めてではありませんが、様々な噂が飛び交う中で、イメージを膨らませるよい材料となりそうです。

【関連記事】