iphone_brickcase_11.jpg

ブロックを追加して自由にカスタマイズできるiPhone 4・4S用ケース『BrickCase
』を購入してみました。

レゴ純正ではありませんが、表面の「ポッチ」はLEGOブロックと互換性があり、手持ちのブロックを追加することができます。

カラーバリエーションは、今回購入した「ブラック」「クリア」の他に「ホワイト」があります。【追記】他のカラーも追加されています。

iphone_brickcase_1.jpg

パッケージには、ケース本体と液晶保護シート、クリーニングクロスが含まれています。

iphone_brickcase_2.jpg

iPhoneに装着したところ。

「ポッチ」を除けば、一般的な薄型のハードケースと変わらない形状です。

iPhone 4へのフィット感もよく、「ガタつき」は「きしみ」はありません。

iphone_brickcase_4.jpg

こちちらは「クリア」のタイプ。Appleマークを含むiPhone 4のデザインが生かされています。

ポッチは背面に「14 x 7」で並び、イヤフォンジャックとスリープボタンの間にも2つあります。

iphone_brickcase_5.jpg

あくまで「互換」商品ですが、その精度は十分で、LEGOブロックを問題なく追加できます。

iphone_brickcase_6.jpg

その日の気分やアイデア次第で、自由にカスタマイズできるのが最大の魅力です。

カラーリングを変えてみたり、

iphone_brickcase_7.jpg

タイヤを付けて走らせてみることも。

iphone_brickcase_8.jpg

狭いスペースを逆手にとって、箱庭的な作品に挑戦してもよいでしょう。

iphone_brickcase_9.jpg

100人乗っても。。。

iphone_brickcase_12.jpg

こちらは『レゴ しんかい6500
』の台座にしてみたところ。

iphone_brickcase_10.jpg

「ポッチ」は、ブロックの追加だけでなく、滑り止めとしても優秀で、大切なiPhoneの落下防止の効果も期待できます。

iPadであれば広い面積を利用してさらに楽しめるので、ぜひiPad版も発売を検討して欲しいところです。