icon
icon
screenshot

Apple TVAirPlayを使うと、iPhone・iPod touch・iPadのコンテンツをTVの大画面で観ることができます。

便利な機能ですが、表示できるコンテンツが写真・動画・音楽のみという制限があります。

この『Web Browser for Apple TV
icon
』は、Webブラウザの画面をAirPlayでTVで表示することを可能にし、Apple TVの用途をさらに広げてくれるアプリです。

このアプリを利用するには、『Apple TV
』(レビューはこちら)およびAirPlayを使用するためのWi-Fiが用意されていることが前提となります。

また、Apple TVの設定で、「AirPlay」がオンになっていること、パスワードの設定を解除してあることを確認しておきます。

デモを撮影しましたので、まずは動画でその動きをご確認ください。

起動するとブランク(空白のページ)が表示されるので、アドレスバーに任意のURLを入力してWebサイトにアクセスします。

TVへ出力するには、アドレスバー左の「AirPlayアイコン」をタップし、デバイス(通常はApple TV)を選択。

app_util_browser_appletv_1.jpg app_util_browser_appletv_2.jpg

それ以上特別な設定・操作をすることなく、Apple TVを接続したTVに画面が表示されます。

ワイヤレスに送信されるので若干の遅延はあるものの、ページのスクロール・ピンチイン(アウト)なども反映されます。

app_util_browser_appletv_3.jpg

iPhone・iPod touch・iPadの本体を横に傾けると、

app_util_browser_appletv_4.jpg

TVへの出力も自動的に横画面に切り替わります。iPhoneの画面に表示されている内容を、そのままストリーミングしているようです。

おそらく解像度はiPhoneと同じで、大型のTVに表示すると粗く表示されますが、通常テレビを観る距離であれば、それほど気になるレベルではないと思います。

app_util_browser_appletv_5.jpg

ブックマーク機能で、よく使うサイトを登録して置くことができます。

アプリ起動時にブランクページが表示されるので、最低でもホームとして使用するサイトを登録しておくことをおすすめします。

app_util_browser_appletv_6.jpg app_util_browser_appletv_7.jpg

アクセスしたWebサイトの履歴は保存されおり、URLを入力し始めると、候補として表示してくれます。

Apple TVへの出力を切断するには、アプリを終了またはAir Playボタンから「Disconnect」を選びます。

app_util_browser_appletv_8.jpg app_util_browser_appletv_9.jpg

Webサイトの全てのコンテンツを表示できるわけではなく、Flashコンテンツや動画などには対応していません。

大画面でWebサイトを表示できるため、

  • Webサイトのプレゼン
  • 地図(Googleマップなど)で旅程の確認
  • 相談しながらショッピング

など、アイデア次第で様々な使い方ができそうです。

Apple TVがあり、複数の人数でWebサイトを観たい場合に便利ではないでしょうか。

【参考記事】レビュー:テレビでHD画質の映画・写真などを楽しめる『Apple TV』

タイトル Web Browser for Apple TV
icon
カテゴリ App Store >ユーティリティー
開発 TapMedia Publishing
対応機種 iPhone・iPod touch (iPad 互換) 
価格 230 円