smartsnap_ipad1_7.jpg

Smartfix社から発売された、初代iPadで「Smart Cover」を使用するためのアダプター『Smartsnap』を取り寄せてみました。

この製品は、マグネットの板を初代iPadに貼付け、iPad 2専用の「Smart Cover」を使用可能にするというユニークなアダプターです。

コンセプト段階の製品かと思いきや、オーダーして1週間程という早さで、シンプルなパッケージにて到着しました。

smartsnap_ipad1_0.jpg

Smartsnap』本体(奥)は、板状のマグネットに粘着シートが付いたもの。

手前の黒いテープは、位置を合わせるためのガイドです。

smartsnap_ipad1_1.jpg

Smartsnap』のマグネットは、初代iPadの側面と同じ幅をしており、左右にある粘着シールでiPadの側面に固定します。

smartsnap_ipad1_2.jpg

位置合わせ用のテープを、iPadのイヤフォン・ジャックから、本体横に向けて貼ります。

このテープの端の部分に合わせ、「Smartsnap」を貼付けます。

smartsnap_ipad1_3.jpg

マグネット部分を初代iPadの側面に密着させた状態で、シールの裏紙を剥がして貼付けます。

とくに画面側は気泡や指紋が目立つの注意が必要です。

smartsnap_ipad1_4.jpg

裏側からみたところ

思い切り「後付け感」が漂っていますが、「Smart Cover」対応にするためのトレードオフとして、見て見ぬ振りをすることにします。

smartsnap_ipad1_5.jpg

Smart Cover」を取り付けてみたところ。

思いのほか磁力は強く、iPad 2のようにピタッと吸い付いてくれます。

smartsnap_ipad1_7.jpg

初代iPadは画面に側にマグネットが無いため、「Smart Cover」のヒンジ側は貼り付くものの、反対側は固定されません。

smartsnap_ipad1_8.jpg

また当然ながら、マグネットのセンサーが無いため、フタの開け閉めによるスリープオフ・オンもできません。

これらの制限や「後付け感」を考えると決しておすすめはできませんが、どうしても初代iPadに「Smart Cover」を着けたいという方の希望はとりあえず叶えらそうです。

価格は、US$20(約1,600円) + 日本への送料US$15(1,200円)でした。

【リンク】Smartsnap